blank

Photo: WSL / DAYANIDHI DAS

現地時間2020年12月7日(ハワイ)、ハワイのマウイ島ホノルアベイを会場とするウイメンズCTイベントの初戦「Maui Pro」が開催。

本日がイベント期間において最もスウェルがあるタイミングということで、クオーターファイナルのヒート3まで一気に消化というマラソンデイとなりました。

今回の記事は、マウイプロのイベントレポート、動画、今後の波予報などといったニュースをお届けします。


スポンサーリンク


イベントレポート

パワフルかつブレイクの早いセクションがあったりとトリッキーなコンディションでスタートとなった2021年シーズンの初戦となるマウイプロ。

イベントのスタートに先立ち、2×ワールドチャンピオンのタイラー・ライトのSNS投稿が話題となりました。

タイラーと言えば、今年出演したオーストラリアのテレビ番組でLGBTであることをカミングアウトしています。

ただし、とてもリスクを伴うことで、かつてはビッグウェイブサーファーのケアラ・ケネリーが同様のカミングアウトをしてメインスポンサーを失っています。

そのような過去があるだけに、タイラーも今までは隠していたのだと思いますが、カミングアウトしたので今度は意識変革のムーブメントを起こすことに。

その一環となったの今回のコンテストジャージ変更で、通常は両肩の部分に母国の国旗がデザインが施されていますが、タイラーはオーストラリアの国旗とLGBTQ+コミュニティのマークを片腕ずつに入れています。

また、背番号を「13」から「23」へと変更し、プロサーファーとして新たな一歩を踏み出すことをマウイプロ開催前にSNS投稿したのです。

そんなこんなでスタートとなったマウイプロですが、いきなり魅せてくれたのはツアールーキーのイザベラ・ニコルス。

イザベラはラウンド1では3位となり、ラウンド2送りとなったのですが、ラウンド2ではハイスコアとなる9.00をマーク。

WSLカウントダウンではヘビーコンディションであったストラディで優勝したので、ホノルアベイの波も相性が良いと思っていた通りのライディングでした。

イザベラ・ニコルスの9.00

ラウンド3ではディフェンディングチャンピオンのステファニー・ギルモアが、ヒート終了直前までブリッサ・ヘネシーにリードされる展開に。

ステフはバックアップスコアが揃えられずにリードを許していましたが、ヒート残り時間1分台でキャッチした波でバレルをメイクして逆転劇を演じました。

ステファニー・ギルモアの7.67

ラウンド3のその他のヒートでは、タイラー、レイキー・ピーターソン、サリー・フィッツギボンズ、カリッサ・ムーア、タティアナ・ウェストン・ウェブが順当にラウンドアップ。

一方、コートニー・コンローグはマリア・マニュエル、キャロリン・マークスはセイジ・エリクソンに敗れる波乱もありました。

特に調子が良かったのはバックサイドとなるタティアナで、この時点でのトータルハイエストスコアとなる18.20をマークしていました。

タティアナ・ウェストン・ウェブ

本来であればラウンド3終了時点で本日は終わりとなるのが普通ですが、すでにサイズダウン傾向となっていることは、明日午前はさらにサイズダウンします。

そのため、今日中に目一杯ヒートを終わらそうとの狙いからクオーターファイナルへと突入。

クオーターのヒート1では、昨年のファイナルと同じくステフvsタイラーという好カードとなり、タイラーが昨年の借りを返すことに。

タイラーはラストライドでパーフェクト10までメイクし、本日のトータルハイエストスコア18.33をマークしてステフを撃破。

タイラー・ライトのパーフェクト10

個人的に最も印象的だったのは、ヒート2でレイキーを破ったサリー。

すでにベテランの域に達しているサリーですが、本日はひたすらエンドセクションでエアリバースを狙ったりと、より上手くなりたいという真っすぐな気持ちが表れていたのが印象に残っています。

ヒート3はハワイアン対決のカリッサvsマリアとなり、このヒートはカリッサが手堅く勝ち上がり、クオーターのヒート4を残して本日は終了となりました。

イベントフル動画

ヒート結果

波予報

今回のスウェルがイベント期間において最大ということなので、現状において今後は期待できません。

そのため、多少でもスウェルが残る明日がイベント最終日になる可能性が高いとのことです。

まとめ

明日はスウェルが多少でもある朝一からオンになる予定なので、ライブ観戦する場合は日本時間では夜中にスタート。

現地時間の12月8日午前7時半にイベントが開催の場合、日本時間は12月9日午前2時半となります。

-----

公式サイト「Maui Pro presented by ROXY

2021年マウイプロの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事