チョープー並みのスラブスポット「マラモア」などで知られるアイルランドのサーフシーン。

そんなアイルランドですが、ソフトな波質のノベルティウェイブ(変わり種の波)があるとか。

今回の動画は、フェリーによって発生するアイルランドのノベルティウェイブ映像をお届けします。


スポンサーリンク


アイルランドでフェリー運航によりノベルティウェイブが発生する場所はダブリン湾。

アイルランドとイギリスを行き来する定期船が一日に何度も運航していることから、かなりの頻度でサーフ可能とのこと。

波の発生原理はシンプルで、フェリーによる圧力が海にかかることにより誕生します。

ケリー・スレーターのサーフ・ランチなんかはハイドロフォイルを移動させることで人工波を発生させるのでウェイブプールと同じような原理ですね。

ダブリン湾のフェリーウェイブで最もコンディションが良くなるのは、ロータイドからミッドタイドとのこと。

波のサイズは2~6フィートとバラエティ豊かで、最大で4分ものライド可能な波がブレイクすることもあるとか。

ただし、ウェイブプールのように一定の圧力をかけ続けるわけではないことからあまりパワーがないので、SUP(スタンドアップパドルボード)などが最適だそうです。

少なくとも10年ほど前からすでに行われていたと言うフェリーウェイブでのサーフィン。アイルランドを訪れる方は狙ってみてはいかがでしょうか。

-----

参照記事:「Surfing the ferry waves of Dublin

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

おすすめの記事