ハワイアンCT(チャンピオンシップツアー)サーファーのイズキール・ラウ「Ezekiel Lau」(25歳)とセス・モニーツ「Seth Moniz」(21歳)。

二人は興味深いことに、サーフィンのメッカであるオアフ島ノースショアではなくサウスショアをホームタウンとしています。

そんな二人がCTイベント出場のために滞在していたオーストラリアでフリーサーフィンへと出掛けることに。

今回の動画は、イズキール・ラウとセス・モニーツによるオーストラリアVIC(ビクトリア)州でのフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク


現時点において、ゴールドコーストでのCT初戦、ベルズビーチでのCT第2戦を終えたワールドツアー。

CT3年目となるジークは現CTランク23位、ツアールーキーのセスはCTランク7位となっています。

こういったCTサーファーのサーフィンを見ていると、やはりQSサーファーとはレベルが違うなと感じさせられます。

CTサーファーもQSサーファーも一発のターンだけ見れば大きな違いはないと思いますが、トランジションとフローが明らかに違います。

例えばQSサーファーはファーストターンは凄くても、2発目や3発目のターンになるとトップへのアプローチのタイミングが遅れてしまうケースが多々見られます。

しかし、CTサーファーの場合は一つのマニューバをしている最中に次のマニューバへのアプローチまで計算していて、その計算通りにターンをコントロールしながらも派手さも失わないといった感じではないでしょうか。

まるでビデオゲームのような正確さで、ここぞというタイミングを逃さないライディングは圧巻です。

イズキール・ラウとセス・モニーツの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事