blank

via Carissa Moore's instagram

ちょうど1週間後に迫った東京五輪のサーフィン競技のウェイティングピリオド。

続々とオリンピック選手が来日していて、サーフィンのアメリカ代表チームも来日し、静岡県牧之原市に誕生したウェイブプール「サーフスタジアム」でトレーニングセッションを行ったそうです。

今回の記事は、アメリカ代表チームによるウェイブプールでのフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク


SNSをチェックする限り、7月16日に来日したと見られるサーフィン競技のアメリカ代表チーム。

主なメンバーは以下の通りです。

オリンピック選手

ジョンジョン・フローレンス

コロヘ・アンディーノ

カリッサ・ムーア

キャロリン・マークス

コーチ

ブレット・シンプソン

そして7月17日にはサーフスタジアムでトレーニングセッションに臨んだことがコロヘ・アンディーノのSNSから分かります。

同じくアメリカ代表で4×ワールドチャンピオンのカリッサ・ムーアのSNSには以下の投稿があります。

「日本でフルに一日を過ごす初日」と記されていて、時系列に考えてみると来日後の隔離がなかったと見られます。

オリンピック選手と関係者の来日は、通常であれば14日間の隔離が3日間に短縮の特例が適用と聞いていましたが、隔離なしに変更したのですかね?

もしも隔離なしであったならば、アメリカ代表チームがどうこうではなく、日本政府の対応について疑問視してしまいますが…。

色々としっくりこない点はあるものの、アメリカ代表チームによるウェイブプールセッションをチェックして見て下さい。

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事