2019年シーズンまで長きに渡りCTイベント初戦会場であったオーストラリアのQLD(クイーンズランド)州ゴールドコーストのクーランガッタに位置するスナッパーロックス。

そんなスナッパーをホームとするのが、言わずと知れた3×ワールドチャンピオンのミック・ファニング「Mick Fanning」(40歳)ですね。

今回の動画は、2008年~2021年までに撮影されたミック・ファニングによるゴールドコーストでのフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク


クーランガッタから世界に飛び出したということで、ミック、パーコ、ディンゴの3人がクーリーキッズと呼ばれていたのも今や昔の話ですね。

2008年と言うと随分前ではあるものの、前年となる2007年にミックは自身初となるワールドタイトルを獲得していて、すでにCT歴7年目という年でした。

動画が主に撮影されているのは、クーランガッタのスナッパーロックスからキラまでのスーパーバンクとDバー(デュランバー)となっています。

Dバーはスナッパーの南隣のサーフスポットではあるものの、厳密に言えばNSW(ニューサウスウェールズ)州になります。

なのですが、サーフィン界ではDバーもゴールドコーストと一緒くたにして分類されることが多いです。

ただ、DバーはCT初戦のバックアップ会場に設定されていて、スウェルに恵まれない時はDバー開催は珍しくありませんでした。

でしたが、ある時期を境にDバー開催がほぼ無くなることに。その時期とは、CTイベントのスポンサーにQLD(クイーンズランド)銀行が就いてから。

スポンサーとしては、普通に考えてDバー開催は他州になるので気分が良くないのは当然なので、QLD銀行の意向でDバー開催が無くなったと噂されていましたね。

なにはともあれ、ミックのホームにおける過去13年のフリーサーフィン動画をチェックして見て下さい。

ミック・ファニングの今年の過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事