いよいよ北半球と南半球でサーフシーズンの移り変わりの時期に近付いてきました。

これまでサーフシーズンであった南半球の国は冬を終えて春に向かい、北半球は夏を終えてウインターシーズンへと突入することでサーフシーズンを迎えることに。

そして少し時期尚早ですが、ハワイのオアフ島ノースショアにファーストスウェルがヒットしたとか。

今回の動画は、オアフ島ノースショアローカルであるVloggerによる2021/2022年シーズンのファーストセッション映像をお届けします。


スポンサーリンク


サーフィンVlogブームのはしりの時期から、多くのプロサーファーがYoutubeに参入したオアフ島ノースショアローカル。

ジェイミー・オブライエンに始まり、その後はコア・ロスマンやネイザン・フローレンス、そしてイーライ・オルソンと続きました。

上記のサーファーはみなフリーサーファーであり、コア、ネイト、イーライはビッグバレルハンターとして世界を飛び回るのでネタが豊富だとも言えます。

今回のノースショアへのファーストスウェルに話を戻すと、MSWをチェックするとスウェルがヒットしたのは9月24日でロッキーポイントで5~8フィートとのこと。

例年であれば、ハワイでのQSイベントスタートは、トリプルクラウンの前哨戦となるサンセットでのヴァンズプロが10月終わりに開催で皮切りになるので、9月終わりはスーパーアーリーシーズンと言えるでしょう。

何はともあれ、ハワイシーズンも始まるかと思うと楽しみではないでしょうか。

コア・ロスマン

ネイザン・フローレンス

イーライ・オルソン

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事