今週末からイベント期間に突入する西オーストラリア州マーガレットリバーを舞台にしたCT第5戦「Margaret River Pro」。

略してマーギーズプロと呼ばれる同イベントのウェイティングピリオドの設定は4月24日~5月4日となっています。

今回の記事は、2022年マーギーズプロの出場サーファーや最新波予報といったイベント情報をお届けします。


スポンサーリンク


出場サーファー

メンズ

今イベントを欠場するCTサーファーは、ガブリエル・メディナ、ヤゴ・ドラ、リアム・オブライエン、カルロス・ムニョスの4名。

上記4名のリプレイスメントは順に、バロン・マミヤ、マシュー・マギリヴリー、ジャック・トーマス(ローカルトライアル準優勝)、カイオ・イベリ。

メンズの2枠あるワイルドカードの1枠は、ローカルトライアルで優勝を果たしたベン・スペンス。

もう1枠はおそらくWSLワイルドカードだと思いますが、ジェイコブ・ウィルコックスとなっています。

ウイメンズ

今イベントを欠場するCTサーファーはキャロリン・マークス1名のみ。

ウイメンズの1枠あるワイルドカードは、ローカルトライアルで優勝を果たしたミア・マッカーシー。

波予報

今イベントの前半戦(4月24~28日)は、波は大きくサイズアップするものの強烈なオンショアも伴うストーミーコンディションの予報となっています。

24日は風向きは問題なくクリーンコンディションながら、波のサイズはフェイスで2~3フィートと厳しい見込み。

25日からサイズアップし始め、25日はフェイスで5~8フィートあり、風向きは午後になると強いオンショアに回り込みますが、午前は問題ないとのこと。

26~28日はひたすらストーミーコンディションの予報となります。

後半にあたる5月1~4日はコンディションが良くなりそうなので、予報通りならば4月25日にコンディションが悪化するまで開催し、後は5月1日までレイデイになる恐れもあると思います。

まとめ

西オーストラリア州と日本の時差は1時間で、日本が1時間進んでいます。

ファーストコールが現地時間の午前8時の場合、日本時間は同日の午前7時となります。

-----

公式サイト「WSL

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事