左:シェーン・ドリアン 右:タジ・バロウ Photo: WSL

左:シェーン・ドリアン 右:タジ・バロウ Photo: WSL

これまで、シングルフィン部門とツインフィン部門の結果をお届けしてきたWSLスペシャルティイベント「Four Seasons Maldives Surfing Champions Trophy」。

招待されたレジェンドサーファーのみが集まり、モルディブの中でもスーパーファンウェイブが割れるライトのサーフスポット「サルタン」を舞台にしたイベントです。

今回の動画は、同イベントにおいて最終部門となるスラスター部門、そしてイベントを通しての優勝者を決めるグランドファイナルのハイライト映像をお届けします。

サーフレジェンド集結の2016年WSL特別イベント@モルディブのシングルフィン部門

ツインフィン部門が開催されたサーフレジェンドによる2016年モルディブイベント


スポンサーリンク


シングルフィン部門はタジ・バロウ、ツインフィン部門はシェーン・ドリアンが制した同イベント。そして、8月13日に開催されたのがイベントの最終結果を左右することになるスラスター(トライフィン)部門でした。

スラスターとなれば、圧倒的に有利と言えるのがこないだまでWCTサーファーであったタジ・バロウ。予想通りの結果と言えるのですが、スラスター部門のファイナルでは、シェーン・ドリアンと対戦したタジが勝ち上がりました。

タジ・バロウ Photo: WSL

タジ・バロウ Photo: WSL

スラスター部門のファイナルを終えた後は、イベント全体を通しての勝者を決めるグランドファイナルが開催。こちらの組み合わせもまた、タジvsシェーンという顔ぶれ。

同イベントは毎年招待サーファーが変わるのですが、優勝者だけは翌年の出場権を得ることになります。当然、誰にとってもサルタンでの貸し切りサーフは魅力的なので優勝したいところ。ちなみに、前年の優勝者はシェーンでした。

シェーン・ドリアン Photo: WSL

シェーン・ドリアン Photo: WSL

グランドファイナルは、両者ともに来年もモルディブに来たいためなのか!?激しいシーソーゲームに。接戦の結果、タジが僅差でイベント勝者に輝く結果となりました。

優勝したタジは、来年の同イベント出場権に加え、賞金1万ドル(約100万円)を獲得となっています。

イベント詳細については、下記リンク先の公式サイトからチェックして下さい。

公式サイト「Four Seasons Maldives Surfing Champions Trophy

グランドファイナル

1st: Taj Burrow (AUS) 17.84
2nd: Shane Dorian (HAW) 17.33

最終ランキング

1. Taj Burrow
2. Shane Dorian
3. Travis Logie
3. Rob Machado
4. Jamie O'Brien
5. Iboo Areef
6. Bethany Hamlton

ハイライト動画

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事