• ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日

シドニー(オーストラリア)南部に位置するボタニー湾国立公園のソランダー岬にあるサーフスポット「アワーズ(または、ケープ・フィア)」。水深の深い沖合いの海域からやって来るスウェルが、とてつもなく浅い岩棚にヒットすることで、凄まじいまでの水量のバレルを発生させます。

ただし、海底から根こそぎ水が隆起するので水深は極端に浅く、ボトムは切れ味の鋭いリーフとなっているので、サーフできるのは限られたエキスパートのみ。

今回ご紹介する動画は、そんなアワーズを上空から撮影した空撮映像となります。オーストラリアでワールドツアーが開催される3~4月には、アワーズで波がヒットするとツアーサーファーがサーフする様子がメディアに流れたりしていますので、ご存知の方もいるかもしれませんね。

以前には、ケリー・スレーターがこの波にチャレンジし、しっかりとFCSのネジを締めずに海へと入り、一本のフィンが途中で外れながらもサーフしていた事がありました。ケリーは「こういったヘビーバレルだと、フィンが一本なくたって影響ないね」と口にしていましたが・・・。

ちなみに、今年、レッドブルがアワーズで招待制のビッグウェイブイベントを開催します。参加者は14名で、ジェイミー・オブライエンやシェーン・ドリアンといった世界中のビッグウェイブサーファー。

ウエイティング期間は4/17~8/1までとなっていて、40分のマンオンマンヒートの中でパドルイン&トウインを20分ずつという事です。


スポンサーリンク


 

DJI PHANTOM 2 + 3軸ジンバルZenmuse H3-3D フルセット
DJI
売り上げランキング: 25,636
  • トレッスルズ以上に覚醒した強烈ショアブレイクのザ・ウェッジ(ニューポート)@2015/9/7
  • ハワイの大自然で暮らすシェーン・ドリアン一家の日常をGoPro撮影
  • ミック・ファニングが野生動物の密猟者!?南アフリカで撃退方法を体験
  • アラナ・ブランチャード/サーファーガール シーズン3:エピソード9
  • サリー・ストーリー シーズン2エピソード4:サリー・フィッツギボンズ
  • アラナ・ブランチャード/サーファーガール シーズン2:エピソード6

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事