エクアドルで開催された2014年度ISAワールド・ゲームスに参加したティア・ブランコ

シェア(記事を気に入ればお願いします)

キュートなルックス、そしてサーフスキルで人気を集め、次期アラナ・ブランチャードのような存在となりえる逸材のティア・ブランコ。ティアの顔立ちを見ると、日本人にとっても多少馴染みがあると思っていましたが、お母さんがフィリピン出身なので、フィリピンとアメリカのハーフとの事です。アジア系が混じっているとの事で納得ですね。以前に紹介したティアの人物像については、下記リンク先を参照してみて下さい。

ワールドツアー入りを目指す16歳のティア・ブランコ

今回の動画は、そんなティアが、エクアドルで開催されたISAワールド・ゲームスに参加した際の映像となります。アメリカ代表として、32カ国のサーファーが参戦するアンダー18部門に参加したティア。

昨年参加した際は、結果を残せずに悔しい思いをしたそうですが、今年はグランドファイナルまで勝ち上がり、3位で銅メダルを獲得しました。サーフィンを見ていると、とても16歳の女の子のライディングとは思えないキレのあるターンの連続となっていますね。特に、0:57~のスローモーションとなっているトップアクションなど凄いです。


スポンサーリンク


シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)