• ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日

現地時間9月28日(フランス)、2014年度ASPメンズワールドツアー第九戦クイックシルバー・プロ・フランスのラウンド2ヒート10~ラウンド3ヒート4まで開催されました。公式サイトによる波のサイズは、フェイスで4~6フィート。

本日はウイメンズイベントが最終日という事で、メンズイベントはわずか7ヒートしか開催されていません。そのため、ラウンド3に突入しましたが、タイトルレースに絡むガブリエル・メディナとケリー・スレーターは、本日は出番なしとなりました。

唯一の見所となったのは、ラウンド3ヒート1に登場したミック・ファニングvsディオン・アトキンソン。残り5分ほどとなった状況で、ディオンは綺麗にカーヴィングを入れながら、エンドセクションではエアリバースをメイクし、本人は逆転を確信してガッツポーズをしました(このライディングのスコアは8.6ポイント)。しかし、その直後にミックも波に乗り、ミックらしい高速ターンのみというエアーを入れないライディングで9.27ポイントを叩き出し、勝利しました。

正直、ディオンとしてはスコアに納得していなかったと思います。インタビューでは「自分に出来る全てを出し切ったけど、またラウンド3で敗退だよ」と大人な意見を口にしましたが、イノベイティブ(革新的)なムーブがジャッジ基準にはあり、イノベイティブなエアーを入れないミックのスコアが、ディオンのスコアを大幅に上回ってしまったのですから。

今回のハイライト動画は、前述したミック&ディオンのライディング映像となります。ミックは非常に際どいクリティカルセクションでトップアクションを入れているので、スコアについての判断は、見る人によって異なるかと思います。


スポンサーリンク


コンテストの関連記事
  • 2014年度トリプルクラウン第二戦バンズ・ワールド・カップ:二日目ハイライト
  • 2014/2015年度ASPビッグウェイブ・ワールドツアー(BWWT)の年間スケジュール
  • ジェシー・メンデスが2017年QS6,000イベント@志田下で優勝後のQSランキング考察
  • 2013年度WCTメンズno.14:ガブリエル・メディナ
  • 2016年WCTメンズ第五戦「フィジー・プロ」:二日目ハイライト
  • 2017年QS3,000「ボルコム・パイプ・プロ」二日目:ハイライト動画や波予報など

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事