デュアルフィンという新しいフィンのセットアップを提案するジグフィン

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フィンのセットアップに関する歴史をたどると、現在、最もスタンダードなセットアップとして知られるスラスター(トライフィンとも呼ばれる3フィン)のプロトタイプが生まれたのが1980年のこと。

当時は、ワールドツアーを回るコンテストサーファーでありながら、シェイパーというスタイルのサーファーも多かったそうですが、その中の一人であったサイモン・アンダーソン。

サイモンは、当時の主流であったツインフィンでのサーフィンが合わず、コンテスト結果が振るわなかったため、スラスターを考案したそうです。そしてプロトタイプ製作の翌81年、スラスターに乗って自分本来のライディングが可能になると、再びツアーイベントで優勝を果たすようになり、世界中でスラスター人気が爆発したと言います。

現在のツアーサーファーを見ても、やはりスラスターが主流となっているので、素晴らしい発想だったと言えますね。しかし、どんな時代であっても、新たなチャレンジを試みるものは存在します。

今回の動画は、オーストラリア出身のトビアス・スミス(Tobias Smith)が、従来とは異なる発想でフィンのセットアップを考案し、特許取得に至ったジグフィン(Zigfin)の映像となります。


スポンサーリンク


ジグフィンとは、通常であれば一枚のフィンを装着するプラグに、小型のフィンを二枚装着し、デュアルフィンにするという発想。つまり、ツインフィンにジグフィンを付ければ4枚、トライフィンならば6枚と、フィンの数が倍になります。

ただし、個人の好みにより、フィンの付け方はアレンジ可能。例えば、トライフィンの場合、センターフィンだけデュアルフィンにしたり、サイドフィンだけデュアルフィンにするのもアリのようです。

トビアスが、このようなフィンのあり方を考えるようになったのは、高校生であった90年代後期。時代は、スラスターが当たり前といった頃ですね。試行錯誤であった当時は、「4枚以上のフィンを付けるなんて有り得ない」と、笑われたりもしたそうです。

しかし、時代が流れると、クアッド(4フィン)が当たり前になりました。また、ケリー・スレーターに至っては、クアッドにナブスター(Nubster:小さめのセンターフィン)を加え、5フィンにしたりと多様化しています。

気になるジグフィンですが、フィンの枚数が増えると、水に対する抵抗が増しそうに思いますが、フィン自体が小さいためか問題ないそうです。利点は、コントロール性能が高まる点と言います。特に、トリックをするには最適だそう。

トビアスが考える最適な利用者は、キッズだと言います。コントロール性能が高くなるため、簡単にアクションが入れやすくなり、感覚を覚えるのには持ってこいといった事なのかと思います。

王道とは言えないセットアップであることから、すぐに流行するとは思えませんが、誰もが納得の性能となれば、数年後には人気が高まる可能性も否定できません。果たして、ジグフィンの未来はどうなるのか楽しみですね。

詳細については、下記リンク先の公式サイトからチェックして見て下さい。

公式サイト「Zigfin

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)