キックアウト(日本ではプルアウト)と一口に言っても、色んなパターンがありますよね。波のフェイスがなくなった場合だと、そのまま波の裏へと滑るだけのキックアウト。

波がホレ上がり、リップに向かうだけの余裕がない時には、レールをしっかりとセットし、頭から波のフェイスに突っ込むキックアウトなどなど。

今回の動画は、そんなキックアウトの新技映像となります。色々と条件が整わないとメイクできない難易度の高い?タイプとなっています。


スポンサーリンク

今回のサーファーのキックアウトは、切り立ち始めたリップへと向かい、サーファーの体だけが空中へと放り出されるタイプのもの。このキックアウトって、結構気持ち良いんですよね。

ただ、キックアウトしたサーフスポットが一癖ありました。ハチャメチャな波がブレイクするニューポート・ビーチ(南カリフォルニア)のザ・ウェッジだったのですから。

映像を見ると、サーファーは前方宙返りを二回転メイクしています。これは、ブレイクした波にサーフボードが持って行かれ、ボードとサーファーの足を繋ぐリーシュコードを、これでもかとばかりに引っ張られたために発生したミラクルなキックアウトでしょうね。

それにしても、本人は空中でどんな心境だったのでしょうか!?二回転もするなんて、想像すらしていなかったでしょうね(笑)。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事