2015年度ウイメンズWCT第六戦「USオープン」:三日目ハイライト

シェア(記事を気に入ればお願いします)

現地時間7月30日(カリフォルニア)、2015年度ウイメンズWCT第六戦「USオープン(Women’s Vans US Open of Surfing)」のラウンド4~クオーターファイナルが開催されました。波のサイズは、腰~肩といったコンディション。

2015年度ウイメンズWCT第六戦「USオープン」:初日ハイライト

2015年度ウイメンズWCT第六戦「USオープン」:二日目ハイライト


スポンサーリンク


本日のビッグニュースは、ラウンド4で現ランキングトップを走るカリッサ・ムーアの敗退。現ランキング2位のコートニー・コンローグはクオーターを勝ち上がったので、今イベント終了後、コートニーがトップに踊り出ることが確定しました。ランク1位のサーファーのみに与えられる黄色いコンテストジャージーを、次戦ではコートニーが着用することになります。

現ランキング3位のサリー・フィッツギボンズは、相変わらず安定した強さを見せ、セミファイナル進出を果たしています。サリーは残すヒートで少しでも勝ち上がり、できるだけトップとのポイント差を埋めていき、悲願のワールドタイトルを狙える位置に付けたいところですね。

ここ数年のウイメンズツアーでは、ステファニー・ギルモアとカリッサ・ムーアが席巻していました。今でも、二人のサーフィンの上手さは、他のツアーサーファーと比べても、頭一つ抜け出ています。その二人に負けじと、追いかけ続けていたのがサリー。

今シーズンは、ステファニーが怪我により、ツアーイベント第三戦の途中から現在まで棄権しているので、サリーにとって大きなチャンスが転がってきました。しかし、その隙間を縫い、トップに駆け上がってきたのはコートニー。

そのため、サリーにとって今イベントの結果は非常に重要となってくるので、サリーvsコートニーが行われるセミファイナルからスタートする最終日の結果は気になる所であり、楽しみでもありますね。

イベントの詳細については、下記リンク先の公式サイトからチェックして下さい。

公式サイト「Women’s Vans US Open of Surfing

本日の結果
・クオーターファイナル
QF 1: Johanne Defay (FRA) 13.80 def. Lakey Peterson (USA) 10.14
QF 2: Bianca Buitendag (ZAF) 11.10 def. Carissa Moore (HAW) 10.60
QF 3: Courtney Conlogue (USA) 16.43 def. Malia Manuel (HAW) 15.20
QF 4: Sally Fitzgibbons (AUS) 14.26 def. Nikki Van Dijk (AUS) 10.03

・ラウンド4
Heat 1: Johanne Defay (FRA) 14.00 def. Alessa Quizon (HAW) 10.60
Heat 2: Bianca Buitendag (ZAF) 11.10 def. Coco Ho (HAW) 10.63
Heat 3: Courtney Conlogue (USA) 12.83 def. Tatiana Weston-Webb (HAW) 10.33
Heat 4: Nikki Van Dijk (AUS) 14.97 def. Silvana Lima (BRA) 12.10

ハイライト

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)