現地時間2021年2月13日にスウェルがヒットしたハワイのオアフ島ノースショア。

ノースショアで注目のブレイクと言えばバックドア/パイプラインですが、昨日のスウェルの向きや風向き的にはハレイワがベストで、トップサーファーが集まることに。

今回の動画は、ハワイに滞在しているCTサーファー集結となった2月13日のハレイワでのフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク


トップサーファーのライディングシーンや会話シーンから成る今回の動画。

出演しているCTサーファーは以下となります。

*ケリー・スレーター

*ジョンジョン・フローレンス

*コロヘ・アンディーノ

*コナー・コフィン

*マリア・マニュエル

*ジャック・ロビンソン

*イーサン・ユーイング

面白過ぎるのがジャックとケリーの会話で以下の通り。

ジャック:ほぼ7'0"に乗ってるんだけど、すごく調子がいいよ。

ケリー:ほぼ7'0"!?どういうこと?

ジャック:乗り心地が7'0"って感じなんだ。

ケリー:(ボードのボトム面のディメンション表記を見て)ほぼ7'0"って6'6"のことなんだ(笑)。

西オーストラリア出身ということで、ジャックがとてもメローというか天然といった性格であることが分かるような会話ではないでしょうか。

ちなみに、昨日は午前がハレイワが良く、午後になるとジョンジョンはパイプラインに入っていたなどの情報がありました。

そのため、近々パイプでのセッションの動画も公開されるかもしれません。

もう一本動画を紹介しますが、上記動画と異なり、こちらはイーサン・ユーイングのみをフィーチャーした内容。

シルキースムーズなラインを描くことで知られるイーサンは、エアリアル無しのアクション系の波にバッチリとハマるサーファー。

フェイス上でのマニューバ勝負になればワールドツアーでもトップレベルであることが分かる動画となっています。

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事