• サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日

センターフィン(バックフィン)がある事で、ボードのコントロール性能が高いスラスター(トライフィン)を好むコンテストサーファー。一方、コンテストとは無縁の世界にいるフリーサーファーは、オルタナ系と呼ばれるツインフィンなど、ツアーサーファーとは異なるボードに乗ることが多いですよね。

今回の動画は、フリーサーファーのアッシャー・ペイシー「Asher Pacey」(35歳)が、セルフシェイプしたツインフィンに乗る映像をお届けします。ツインフィンらしいスムーズなライディングがチェックできます。


スポンサーリンク


スラスターとツインフィンの違いは、ざっくりと言ってしまえば、センターフィンがあるかないかの点のみ。そのまんまですね・・・。機能面で言えば、前述したようにスラスターの方がコントロール性能が高くなります。

水面下に位置するフィンの役割とは、ターンする時の支点となるのです。そのため、スラスターのようにセンターフィンがあると、ツインフィンよりも支点が増え、サーフィン用語で言うマニューバビリティが高まることに繋がります。

こう考えると、スラスターの方が機能面で優れていると感じますが、ツインフィンにも利点はあります。それは、センターフィンが無いため、ボトムの水の抜けが良いのです。つまり、スラスターよりもスピードが出るということです。

このような両者の特徴から、クリティカルセクションでの垂直ターンといった縦の動きならスラスター、横の動きならツインフィンとも言われたりしています。

今回の動画を見ると分かりますが、アッシャーのサーフィンはコンテストサーファーと異なり、クリティカルセクションでアクションを狙うと言うより、ツインフィンの特徴を生かしたスピーディかつスムーズなライディングが前面に出ています。

あまりにサーフィンのレベルが高いので、スラスターに乗ってるのと変わらないんじゃないとの意見もあるかと思いますが・・・。ただ、じっくりとラインの違いをチェックして見てはいかがでしょうか。

アッシャーの過去記事は、下記リンク先から参照して下さい。

ゴールドコーストで過ごすアッシャー・ペイシーの日常

ゴールドコーストの小波スナッパーでツインフィンセッション:アッシャー・ペイシー

フリーサーフの関連記事
  • メインスポンサーを失ったローリー・タウナーの実力とは!?
  • カリフォルニアで小波からへビーサーフまで楽しむダミアン・ホブグッド
  • クリエイティブな若きサーファー/シェイパーのライアン・バーチ
  • フリーフリクション(フィンレス)で独自のサーフワールドを形成するデレク・ハインド
  • 2014/2015シーズン始めとなるパイプラインセッション
  • チューブのテイクオフが参考になる!オーウェン・ライトのサーフ動画@サウスコースト

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
進め!ケパ・アセロ:ラテンアメリカ編3
サーフトリップ
世界最長レフトがブレイクすると言われるチカマを筆頭に、ロングレフトの宝庫である南米ペルー。今回のケパは、世界最古のサーフボードにまつわるスト...