ハワイのオアフ島ノースショアをホームとするホノルア・ブロムフィールド「Honolua Blomfield」(21歳)。

オアフ島ノースショア出身ながら、ショートボードではなくロングボードの世界で2×ワールドチャンピオンという存在です。

今回の動画は、ホノルア・ブロムフィールドによる最新のフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク


21歳にしてすでに2度もワールドタイトル獲得という偉業を達成しているホノルア。

メンズのCTサーファーで言えば、ジョンジョン・フローレンスやガブリエル・メディナと同等の偉業であるものの、年齢を考慮に入れるとホノルアの方がインパクトがあります。

ですが、サーフィンの世界においてはショートボードの方がメインストリームということで、ホノルアという存在自体をほとんど知らない方も多いかもしれません。

ホノルアがワールドタイトルを獲得したのは2017年と2019年。

2018年まではロングボードの世界は過去何年も単発イベントの結果で優勝者がワールドチャンピオンというシステムになっていました。

しかし、昨年2019年からは久しぶりにツアー形式となり、複数イベントの獲得ポイント合算でワールドタイトルを決めることに。

得意不得意な波質、またはイベント開催時の体調などといった様々な要素がイベント結果には反映されるので、ツアー形式は一発勝負の以前よりも平等であり、そのシステムにおいてもワールドチャンピオンに輝いたことは大きな意味があります。

ちなみに、ハワイアンでウイメンズロングボードのワールドタイトル獲得は、2012年のケリア・モニーツ以来でした。

そんなホノルアによるフリーサーフィン、そして2019年にワールドチャンピオンとなっての凱旋帰国の様子が収録された動画をチェックして見て下さい。。

ホノルア・ブロムフィールドの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事