必見!BSエアリバース540メイク寸前のアルビー・レイヤーのハイパフォーマンスサーフ動画

シェア(記事を気に入ればお願いします)

Albee Layer bag of trick

オアフ島パイプラインを代表する若きサーファーであるジョンジョン・フローレンスに対し、マウイ島ジョーズを代表する若きサーファーのアルビー・レイヤー「Albee Layer」(24歳)。

エディイベントの招待サーファーであったアルビーなので、ビッグウェイブサーファーと思われがちですが、アーリーウープ540をメイクしたりと、エアリアルといったトリック系も世界トップレベル。

今回の動画は、ジョーズでのビッグウェイブセッションではなく、アルビー・レイヤーのアクション系ハイパフォーマンスサーフ映像をお届けします。鳥肌が立つほどのアクション連続となっています。


スポンサーリンク



昨年2015年のアルビーは、BWTイベント「ピアヒ・チャレンジ」で準優勝、実力の高いサーファーが必ず勝つ同じ条件下で勝負となるウェイブプールイベント「レッドブル・アンリーシュド」で優勝。

これらの実績を見ても分かる通り、オールラウンドなトータルスキルにおいて世界トップサーファーと言っても過言ではないでしょう。

そんなアルビーが、今回の動画でトライした驚きのマニューバがバックサイド(BS)のエアリバース540。ケリー・スレーターがフロントサイドのエアリバース540をメイクしていますが、バックサイドでメイクしたサーファーはいません。

必見:ケリー・スレーターによるエアリバース540メイク映像

今回の動画では惜しくもメイクには至らなかったBSエアリバース540。メイクできなかった理由について、スタブ誌のインタビューで以下のように語っています。

「一番難しいのが着地。勢いが付きすぎてるのが問題で、どうすればスローダウンできるのかまだ分かってないんだ。それと、着地が後ろ向きになるんだけど、後方着地はかなり苦手でね」。

上記コメントの通り、前方着地となるストレートエアーやフルローテーションは難なくメイクしているアルビー。ただ、動画を見る限りでは、BSエアリバース540のメイクは時間の問題でしょう。

スローモーションを含むBSエアリバース540の一連のシーンは3:58~からとなります。また、3:15~からのBSフルローテーションのエアリバースは、とんでもない高さとインパクト大。

今回の動画は、モダンサーフシーンにおけるハイパフォーマンス系の世界トップレベル。是非とも多くの人に見てもらいたいので、SNSで拡散してもらいたい動画です。

アルビー・レイヤーの過去記事は、下記リンク先からチェックして下さい。

サーフレベルを高みに牽引するアルビー・レイヤーだから発するWCTへの苦言

ジョーズ史上最もディープなバレル!エディ欠場のアルビー・レイヤーがエディ当日にメイク

アルビーがエアーで片足を抜く妙技ありのマウイ島ローカルによるサマーセッション

マウイ島ジョーズを代表するアルビー・レイヤーのチャージ特集

アルビー・レイヤーが人生2度目のアーリーウープ540メイク映像

サーフスタイル:アルビー・レイヤー

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)