• サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日

New Jersey The Day

サーフィンの世界では大きな影響力を持つアメリカ。かつては多くのWCTサーファーを輩出していたし、現在のワールドツアーを運営する団体「WSL(ワールドサーフリーグ)」の拠点もアメリカ。

ただし、アメリカと言っても国土は果てしなく広く、サーフィンについてはアメリカ西海岸にあたるカリフォルニアこそが中心地となっています。

今回の動画は、定番のカリフォルニアではなく、アメリカ東海岸のニュージャージー州をフィーチャーしたフリーサーフ映像をお届けします。


スポンサーリンク



東海岸といえば、あまりサーフィンのイメージに直結しないですよね。11×ワールドチャンピオンのケリー・スレーターが東海岸のフロリダ出身ですが、あまり波がないエリアとしても知られています。

東海岸の人口が多いエリアで言えば、ニューヨークが主要エリア。人口が多いということは、仕事のためにニューヨークで暮らすサーファーも多いはず。

ただ、ニューヨークの冬の寒さは厳しく、あまりサーフィンに適した印象はないでしょう。とは言え、そんなエリアであっても、ホームをこよなく愛するローカルサーファーが存在し、年に数回のエピックコンディションとなるザ・デイを今か今かと心待ちにしています。

今回の動画は、ニュージャージーを拠点にするライアン・マックが、これまでに撮り溜めてきたニュージャージーのベストバレル映像。

サーファーは、ホームのザ・デイを逃すことはできないと集まったバララム・スタックやロブ・ケリーといったニュージャージーやニューヨークのプロサーファーとなっています。

フリーサーフの関連記事
  • 日本人の両親を持ちながらカリフォルニア在住の注目ヤングガン:五十嵐カノア
  • コア・ロスマンのバレルが強烈な16/17年シーズンのパイプライン動画
  • 現在までの今季ベストウェイブ@チョープー(タヒチ)
  • ヘクター・サンタマリアによる日本トリップ
  • コスタリカでのフリーサーフ:アドリアーノ・デ・スーザ
  • タイラー・ライトがスナッパーロックスでエピックバレルをメイク@2017/3/8

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事