ロブとクレイグが出演するテイラー・スティール監督の新作メイキング映像2

シェア(記事を気に入ればお願いします)

Rob Machado and Craig Anderson

2017年春にリリース予定となっているテイラー・スティール監督による4年振りの作品「Proximity」。

同作品の舞台裏となるメイキング映像の第一弾として、シェーン・ドリアンとアルビー・レイヤーがスコットランドを訪れた際の映像を、先日紹介しました。

ドリアンとアルビーが出演するテイラー・スティール監督の新作メイキング映像1

今回の動画は、「Proximity」のメイキング映像第二弾として、ロブ・マチャドとクレイグ・アンダーソンが南米チリを訪れた映像をお届けします。


スポンサーリンク



前回のアルビーとシェーン、今回のロブとクレイグという組み合わせを見て、何か共通点があることに気付いた人もいるでしょう。

かつてテイラー監督のハイパフォーマンスサーフムービー全盛期に「Momentum(モーメンタム)」世代と呼ばれたサーファーと、モダンサーフィンを牽引する若手サーファーという組み合わせになっているのです。

モーメンタム世代がメンタワイのカンドゥイで同窓会セッション

今回のロブ&クレイグという組み合わせも、前回同様に興味深いですね。メローな雰囲気とスムーズなライディングが特徴なグーフィーフッター同士。

トリップ先となった南米チリは、二人にとってフロントサイドとなるレフトハンダーの宝庫なので、どのような映像になっているのか興味がそそられます。

さて、同メイキング映像は4部作となっているので、今後はどのような組み合わせのサーファーがトリップをしていたのか非常に気になるところ。

個人的には、ケリー・スレーターとジョンジョン・フローレンスという組み合わせが、今回のサーフムービーの組み合わせとしては真っ先に頭に浮かんだのですがどうでしょうか!?

テイラー監督ならば、実現できそうな組み合わせと思えますし、誰もが見てみたいコンビですよね!