熾烈を極めた昨年2019年のワールドツアー。

ワールドチャンピオンを決めるだけでなく、オリンピック出場権もかけた戦いであったためです。

そんな熾烈なレースの中でCTランク4位ながらも出場権を逃したフィリペ・トレドがいる一方、劇的に出場権を掴んだのがジョンジョン・フローレンス「John John Florence」(28歳)。

今回の動画は、2019年のジョンジョン・フローレンスを追った長編ドキュメンタリー作品「TOKYO RISING」予告編をお届けします。


スポンサーリンク


タイトルに「TOKYO」という文字が入っている通り、東京五輪出場権を巡る内容となっている今回の作品。

ジョンジョンの長編作品は、2015年にリリースされた「View From A Blue Moon」以来となりますね。

アメリカ枠のオリンピック出場権争いというテーマなので、出演しているのはジョンジョン、コロヘ・アンディーノ、ケリー・スレーター、そしてジョンジョンのコーチを務めるロス・ウィリアムスとなります。

昨年のジョンジョンは、ゴールドコーストで3位、ベルズとマーガレットリバーで優勝、バリ島で17位と好調過ぎる前半戦を送っていました。

しかし、ブラジルイベント中に2018年に負傷した箇所と同じ場所を再び痛めることに。

2018年の際は選手生命を長くするために手術を避けたものの、昨年は手術に踏み切りました。

ただし、パイプマスターズまではひたすらCTイベント欠場ということでCTイベント最下位と同じ獲得ポイントを積み重ねることに。

パイプマスターズ前のシチュエーションとしては、すでにコロヘのオリンピック出場権獲得は手堅かったので、アメリカ枠は残り1枠の争い。

パイプマスターズを欠場となればケリーがジョンジョンのCTポイントを上回ると予想されていたので、ジョンジョンはサポーターを付けて出場し、結果は5位。

一方のケリーはパイプマスターズで3位となったものの、ジョンジョンのポイントを逆転することができずにジョンジョンがCTランク7位、ケリーがCTランク8位でフィニッシュ。

あまりにドラマティックな展開となった昨シーズンに密着した内容なので、非常に楽しみな作品と言えますね。

作品自体は11月12日からアマゾンプライムで視聴開始。ただし、英語圏の国のみが対象であり、以前にホブグッド兄弟作品がアマゾンプライムに追加された時も日本からは見れませんでした…。

英語圏以外の国での視聴開始は近日となっているので、こちらの情報が公開され次第お届けします。

ジョンジョン・フローレンスの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事