• エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日

Reef France

コンテストサーフィンよりも、サーフトリップといったフリーサーフィンのイメージが強いサーフブランド「リーフ(Reef)」。

そんなリーフのアンバサダーを務めるワールドツアーサーファーのミック・ファニングとカイ・オットン、そして、エヴァン・ガイゼルマン、ミッチ・クルーズ、ロビー・ダミコ。

今回の動画は、上記5名のリーフアンバサダーが、フランスのビーチブレイクでチャージするフリーサーフ映像をお届けします。


スポンサーリンク



WCTサーファーであるミックとカイが出演しているということで、昨年のヨーロピアンレグの合間に撮影したと思われる今回の動画。

一般サーファーであれば、波チェックをしてパスしようと思うような波でのセッションでありながら、トッププロが乗ってしまうと見応えのあるセッションに早変わり。

本来であれば、見所となるのは後半のバレルではないでしょうか。しかし、個人的にはアクション主体の前半に興味を惹かれます。

動画前半の波は、ホローではありながらバレルにはならない波が多いので、トップアクションが見所。ただ、私といった一般サーファーから見ると、ホレてくるセクションでのトップアクションはキツイですよね。

トップで板を返した後に、ボトムがなくなってしまうことも多々あるので・・・。コンディションを問わず「魅せる」サーフィンをするプロは流石です。

フリーサーフの関連記事
  • スムーズなサーフスタイル!ブライス・ヤングのフリーサーフ動画@ロッキー
  • リップカールのグロムライダーinコスタリカ
  • ヘビースラブやビッグウェイブまで!トリー・メイスターの2016年フリーサーフ映像
  • テトラポッドと波とサーファー
  • 今季ベストとなったパイプライン(ハワイ)でのスーパーセッション@2017/1/19
  • ケリーのボードをテストライドするジェレミー・フローレスinポルトガル

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事