テイラー・ノックスがエルニーニョ年のカリフォルニアでフリーサーフ

シェア(記事を気に入ればお願いします)

テイラー・ノックス

今なおWCTサーファーとしても通用するだけの実力を持ち、パワフルなレールワークが人気のテイラー・ノックス「Taylor Knox」(45歳)。

ワールドツアー引退後もスポンサーが付き、スポンサーの期待に十分応えるだけのライディングをしているのは並大抵なことではないですよね。

今回の動画は、エルニーニョ年となった2015/2016年シーズンの冬、テイラー・ノックスがフリーセッションを楽しむ映像をお届けします。


スポンサーリンク



現役ツアーサーファー時代から、ビッグウェイブにも強かったテイラー。1998年にはメキシコのトドス・サントスで開催されたビッグウェイブイベント「K2チャレンジ」に出場。

同イベントでは、52フィートの波に乗って優勝。ちなみに、52フィートという記録は、当時のパドルインサーフでのビッグウェイブ記録更新となったほどでした。

そんなテイラーなので、今回の動画の波については、さほどビッグサイズとは思ってもいないことでしょう。凄まじい世界に生きていますね・・・。

今回の動画では、前半でマイク・パーソンズ、後半ではロブ・マチャドなども少しだけ登場。マイクはサーフコーチ、ロブはシェイパーなど、それぞれがサーフィン界での活躍を続けるレジェンドたちですね。

———-

テイラー・ノックスの過去記事は、下記リンク先から参照して見て下さい。

レールサーフィンが冴えるローワーズなど南カリフォルニア映像:テイラー・ノックス

テイラー・ノックスから学ぶスケートを生かした体勢作り

サマースウェルを求めてメキシコ本土へ:テイラー・ノックス

41歳にして輝き続けるケリー世代のサーフスター:テイラー・ノックス

太いトラックを描く芸術的カーヴィング:テイラー・ノックス

夏の過ぎ去ったカリフォルニアでのセッション:テイラー・ノックス