ロングバレルからビッグバレルまで!西オーストラリアの2016年ウインターシーズン動画

シェア(記事を気に入ればお願いします)

dave-delroy-carr-the-right

今やワールドツアー運営団体「WSL(ワールドサーフリーグ)」によるBWT(ビッグウェイブツアー)まで存在するビッグウェイブサーフシーン。

しかし、マイナーであることには変わりなく、メインスポンサーが付いているビッグウェイブサーファーは一握りで、普段はフルタイムの仕事に就いているものも多いアンダーグランドな世界。

今回の動画は、西オーストラリアのビッグウェイブサーファーであるデイヴ・デルロイ・カーによるフリーサーフ映像をお届けします。


スポンサーリンク



今年もビッグスウェルのピークシーズンが過ぎ去った南半球のオーストラリア。そこでデイヴが公開したのが、西オーストラリアのウインタースウェルでのサーフ動画。

今シーズンはあまりスウェルには恵まれなかったそうですが、数少ないチャンスで撮影された動画をまとめた内容とのことです。

撮影場所は、今や西オーストラリアを代表するスラブ(slab:底ボレするバレル)スポットであるザ・ライトに加え、バレルやエアーありのハイパフォーマンススポットのノースポイント。

大当たりとは言えないシーズンだったとは言え、ザ・ライトの波は圧巻の一言。沖合に位置するザ・ライトは、普段は穏やかな漁場だと言うのでギャップが激しすぎます…。

ザ・ライトとノースポイントに関する過去記事は、下記リンク先からチェックして下さい。

シーズン終盤に覚醒した西オーストラリアのビッグバレルスポット「ザ・ライト」@2016/7

ノア・ディーンなどがオンショアのノースポイント@西オーストラリアでエアリアルセッション