• サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日

jerome-sahyoun-indo

ここ最近、3×ワールドチャンピオンのトム・カレン「Tom Curren」(52歳)がハマっているボードとして知られるのが、フィンレスのスキムボードにフィンを装着した特別仕様のボード。

使用しているフィンは「S-Wings」と通常とは異なるフィンを使用しているのもポイントです。スキムボードにフィンを装着した段階でスキムボードではないのですが…。

今回の動画は、トム・カレンと共にフィン付きスキムボードにハマり、トムと一緒にボードテストを繰り返しているモロッコ出身プロサーファーのジェローム・サユーンがインドネシアでフリーサーフする映像をお届けします。


スポンサーリンク



トム・カレンが奇天烈なボードを生み出す事になったきっかけは、スキムボーダーのブラッド・ドンキー、S-wingsのプロトタイプをテストしていたジェローム・サユーンの二人ですね。

詳しい内容については、下記過去記事からチェックして下さい。

モロッコでトム・カレンが「S-Wings」装着のスキムボードでフリーサーフ

今ではすっかりとフィン装着スキムボードにハマっているジェローム。今回の動画はインドネシアを舞台とし、バリ島ビンギン、バリ島ペレレナン(チャングー)、ニアス島、ジャワ島でのフリーサーフ映像となっています。

あまりに突飛なボードですが、ジェロームがハマってしまった魅力を米サーフィン誌で語っているので、少し内容を抜粋してお伝えします。

ボードの長さは4'4"で、幅や厚みは分からない。波のサイズが小さくてフェイスがクリーンな時は、このボードしか乗らないよ。

このボードに魅了されるのは、とにかく難しいから。難しいだけに、上手く乗れた時は達成感が大きいんだ。一般サーファーにはお勧めできないけど、エキスパートのみが楽しめる遊びだね。

まさにオルタナティブボードと言えるフィン付きスキムボード。個人的には、フィンレスである事が常識のスキムボードに、フィンを付けようという発想が凄いなと感じてしまいます。

フリーサーフの関連記事
  • ドローン撮影によるサンシャインコースト(オーストラリア)の炸裂ビーチブレイク
  • ライアン・バーチのフリーサーフ動画!ライアンが追求するアシンメトリーの利点を考察
  • ジョーディ・スミス Trace
    Traceを使ってジョーディ・スミスのパフォーマンスデータをチェック@ロッキー
  • バイロンベイ生まれのアイウェアブランド「Epokhe」によるアート映像
  • レッドブル・ケープ・フィアの開催前日セッション:マッド・ヒューイズ
  • 今夏のニューポート・ビーチ周辺でフリーサーフ:コリン・モラン

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
サーフトリップ
サーフムービーの撮影場所として幾度となく使用されているインドネシアのメンタワイ諸島。数多くのサーフスポットがある中、機械のように規則正しく波...