• テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日

サーフィンをする上で必須アイテムの一つであるのがサーフボードの滑り止めとなるワックス。

大抵の方がサーフ前に重ね塗りをしていき、次第に塗れなくなってきたら一度ワックスを落とし、落としたワックスはゴミ箱に捨てることになるでしょう。しかし、実はワックスはリユースすることが可能。

今回の動画は、使用済みサーフィンワックスをリユースするための方法を紹介してくれる映像をお届けします。


スポンサーリンク



ワックスのリユースに必要となる道具は以下の通り。

・缶
・ワックスコーム
・鉛筆などといった棒状のもの
・トング
・流し型(ゼリーなどを作る時に使用するもの)

ここからは作業の流れを紹介していきます。

1. ワックスをサーフボードから落とす

ワックスコームを使い、普段通りにワックスをボードから落とします。落としたワックスは缶に入れていく。

2. ワックスを溶かす

水を入れた鍋を沸騰させる。鍋の水が沸騰する前に、ワックスを入れた缶を鍋の水に浸ける。

水が沸騰してワックスが溶け始めるまでしばらく待つ。溶け始めたら、溶けたワックスを焦がさないために、トングで缶を抑えながら時おりワックスをかき混ぜる。

3. 溶けたワックスを流し型に注ぐ

溶けたワックスを流し型に注ぎ、十分に固まるまで待つ。時間の目安は1時間ほど。

  • SUP&アライアの二刀流でチャージするサーファー:フレッド・コンパニオン
  • iPhone6s Plusで全編撮影されたウォーターショットのミュージックビデオ「Dark Waves」
  • 9月後半から待望のスタート!「Who is JOB」新作となるシーズン7予告編動画
  • オアフ島ノースショアのスケートパークツアー!ルーカライダーのスケート動画
  • フランスのヌーディストビーチでコア・スミスがヌードサーフィンに挑戦
  • 一般サーファーがサーフ・ランチ(ウェイブプール)へ!ケリー・スレーターと過ごした夢の時間

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
フリーサーフ
先日お届けした3月3日のDバーセッションに引き続き、新たにDバーでのトッププロによるセッション映像がアップされました。今回の動画は、3月7日...