使用済みとなったサーフィンワックスをリユース(再利用)する方法

シェア(記事を気に入ればお願いします)

サーフィンをする上で必須アイテムの一つであるのがサーフボードの滑り止めとなるワックス。

大抵の方がサーフ前に重ね塗りをしていき、次第に塗れなくなってきたら一度ワックスを落とし、落としたワックスはゴミ箱に捨てることになるでしょう。しかし、実はワックスはリユースすることが可能。

今回の動画は、使用済みサーフィンワックスをリユースするための方法を紹介してくれる映像をお届けします。


スポンサーリンク



ワックスのリユースに必要となる道具は以下の通り。

・缶
・ワックスコーム
・鉛筆などといった棒状のもの
・トング
・流し型(ゼリーなどを作る時に使用するもの)

ここからは作業の流れを紹介していきます。

1. ワックスをサーフボードから落とす

ワックスコームを使い、普段通りにワックスをボードから落とします。落としたワックスは缶に入れていく。

2. ワックスを溶かす

水を入れた鍋を沸騰させる。鍋の水が沸騰する前に、ワックスを入れた缶を鍋の水に浸ける。

水が沸騰してワックスが溶け始めるまでしばらく待つ。溶け始めたら、溶けたワックスを焦がさないために、トングで缶を抑えながら時おりワックスをかき混ぜる。

3. 溶けたワックスを流し型に注ぐ

溶けたワックスを流し型に注ぎ、十分に固まるまで待つ。時間の目安は1時間ほど。

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)