via vimeo

世界一危険なサーフィンイベントと呼ばれているビッグウェイブコンテスト「レッドブル・ケープ・フィア」。

会場となっているのはシドニーのケープ・ソランダー。ケープ・ソランダーは地名で、サーフスポット名として「ケープ・フィア」や「アワーズ」などと呼ばれています。

今回の動画は、海へのエントリースポットさえも危険が伴うことが分かるケープ・ソランダーでの衝撃的映像をお届けします。


スポンサーリンク


ケープ・ソランダーがケープ・フィアと呼ばれるほど危険な理由はいくつかあります。まずは波のパワー。ビッグウェイブスポットだけあり、基本的にはビッグスウェルが入った時に狙うスポットなので、サイズの分だけパワーも伴います。

続いては波質。海底の地形が入り組んでいるせいか、ケープ・フィアの波はフェイスが何段にもホレ上がる上、スラブ(slab:底ボレするバレル)系のブレイクを見せるのでメイクするのが困難。

最後はラインナップ。スラブ系ということで水深が浅いことはもちろんですが、インサイドの岩棚までの距離が極端に近いのです…。

そんなケープ・フィアへのエントリーは、岩棚からタイミングを見計らって海に飛び込んでからのパドルアウト。これが一筋縄では行かず、2014年のレッドブルイベントでは、下記記事に動画がありますが、ローカルのコビー・アバートンさえも失敗しています。

無事に幕を閉じたビッグウェイブイベント「レッドブル・ケープ・フィア」

今回の動画は、海から上がった二人のサーファーがエントリースポットでリーシュコードを外していると…。危険な場所からはすぐに離れた方が無難です。

*レッドブル・ケープ・フィアの過去記事は、下記リンク先からチェックして下さい。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事