via vimeo

インド洋に浮かぶサーフィンパラダイスのモルディブ。同じくインド洋からのスウェルが入るインドネシア同様、最もスウェルのサイズが大きくなる時期は7~8月。

ベストシーズンはもちろんあるものの、インドネシアなんかは通年サーフ可能であり、その点はモルディブも同様。

今回の動画は、エリー・ジーン・コフィー「Ellie-Jean Coffey」(22歳)とジャクソン・コフィー「Jackson Coffey」(21歳)の姉弟がオフシーズンのモルディブを訪れたサーフトリップ映像をお届けします。


スポンサーリンク


エリー・ジーンとジャクソンがモルディブを訪れたのは昨年のクリスマス前とのこと。撮影を兼ねたトリップなので、当然スウェルのタイミングを計った上でのトリップ。

とは言うものの、ビジターサーファーの数が大幅に減るオフシーズンに、どのような波がブレイクしているのかをチェックするには最適な動画ではないでしょうか。

モルディブと言えば、最も有名なサーフエリアは北マーレ環礁(North Male Atoll)ですが、コフィー姉弟が訪れたのは北マーレから見て南西に位置するダァール環礁(Dhaalu Atoll)。

ステイ先は「Per Aquum Niyama Maldives」。同リゾートには徒歩+パドルアウトでアクセス可能なサーフスポットがあり、それが動画でフィーチャーされているレフト「ヴォディ(Vodi)」。

美しい海、ほぼ貸切のラインナップと最高の環境が整ったオフシーズンのモルディブ。オフシーズン狙いも悪くないですね。

*エリー・ジーン・コフィーの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事