via Jamie O'Brien's Instagram

二枚に重ねたサーフボードで波に乗り、ライディング中にサーフボードを乗り換えてしまうボードトランスファー。

誰が初めにやってのかは分かりませんが、個人的な印象としてはジェイミー・オブライエンが自身のエンタメシリーズ動画「Who is JOB」の中で、サーフスタントとして行ったのが最初かと思います。

今回の動画は、ボードトランスファーのパイオニアであろうジェイミー・オブライエンによる進化版ボードトランスファーの映像をお届けします。


スポンサーリンク


ジェイミーがボードトランスファーに使用するのはスポンジボードのキャッチサーフ。キャッチサーフならば、ボードを重ねても破損する心配もないですしね。

さて、ボードトランスファーの歴史!?を振り返ってみると、当初は普通にボードを乗り換えることのみからスタート。

その後、難易度が高くなるフィンガーフリップを加えた進化版が登場しました。プロスキムボーダーのブラッド・ドンキーもフィンガーフリップ版ボードトランファーの動画を公開したことがありましたね。

そして今回ジェイミーがトライしたのは、ボードトランスファーでありながら、サーフボードからハンドプレーンへの乗り換え。ハンドプレーンとはボディサーフィンで使用されるものです。

ジェイミーが使用しているハンドプレーンは、昨年辺りからキャッチサーフがリリースした「Womper(ウォンパー)」となっています。

ウォンパーは数千円台という安価な価格設定の上、スタンドアップではなくボディサーフィンのため、膝波でバレルに入ったりすることも可能なので、夏前には売り切れ続出となることでしょう。

Womper board transfers #GoPro @catchsurf

Jamie O'Brienさん(@whoisjob)がシェアした投稿 -

A perfect 10 from the Banzai board riders this past Sunday 😂 board transfer @catchsurf 📸 @damovideo

Jamie O'Brienさん(@whoisjob)がシェアした投稿 -

----------

*ボードトランスファーの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事