via vimeo

先日終了したビラボンプロタヒチでの優勝が、CTイベント3勝目を記録したジュリアン・ウィルソン「Julian Wilson」(28歳)。

とても興味深いことに、ジュリアンがこれまでに優勝した2012年リップカールプロ@ポルトガル、2014年パイプマスターズのいずれもまた、ファイナルの対戦相手はガブリエル・メディナでした。

今回の記事は、ビラボンプロタヒチを制した際にジュリアン・ウィルソンが乗っていたサーフボードやフィンセッティングなどに関する内容をお届けします。


スポンサーリンク


ジュリアンにサーフボードを提供しているのは、ジェイソン・スティーブンソンのJSサーフボード。

JSとの契約前のジュリアンは色んなボードを試すためにボードブランドと契約していなかったのですが、JSのボードはコンスタントに調子が良いとのことで契約に至りました。

さて、チョープーでジュリアンが乗っていたJSのモデルは「Forget Me Not」で、テール形状はラウンドピン。

WSL(ワールドサーフリーグ)によるジュリアンの体型は身長180センチ(5'11")体重79キロ(176ポンド)で、ボードのディメンションは「6’1/2" x 18 3/4” x 2 7/16” x 28.6L」。

今回使用していたグッドウェイブ用ボードに乗る時は、コンディションに応じてクアッドもしくはスラスターを選択するジュリアン。例えば、フィジーイベントでは主にクアッドセッティングだったそうです。

一方、タヒチでは最初の二日間はスラスターで出場。その理由としては、バレルの中でのスローダウンはスラスターの方が容易とのこと。

コンディションがクリーンになってきた3日目の最終日は、今度はロングバレルなどを狙うためにスピードの出るクアッドを選択したりと使い分けていたようです。

----------

参照記事:「The Surfboard That Broke Gabriel Medina's Heart

----------

ジュリアン・ウィルソンの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事