フィリペ・トレドが生後10カ月の娘とタンデムサーフィン@南カリフォルニア

シェア(記事を気に入ればお願いします)

via Filipe Toledo’s instagram

幼い子供にとって親の影響は絶大で、親がやっていることは何でもやりたがりますよね。

プロサーファーの子供もまた然りで、サーフィンデビューの時期が早かったりします。

今回の動画は、父親となってまだ1年経たないフィリペ・トレドが、娘と一緒にタンデムサーフィンを楽しむ映像をお届けします。


スポンサーリンク



まだ22歳でありながら、すでに子持ちのフィリペ。そんなフィリペの子供は女の子で、名前はマヒナ(Mahina)。

フィリペは家族揃って南カリフォルニアに移住したので、今回、生後10カ月のマヒナちゃんがサーフィンデビューする場所となったのはカリフォルニアです。

父親がフィリペ、生活環境が南カリフォルニアとなれば、サーフィンを始めるのは自然の流れといったバックグランドが揃っています。

10年後、20年後、マヒナちゃんもフィリペと同じコンテストの世界へと向かっていくのか楽しみですね。

プロサーファー親子セッションの過去記事

ヤディン・ニコルが息子とサーフィンを楽しむ心温まる親子セッション@ハワイ
プロサーファーの子供がプロサーファーになる、いわゆる二世サーファーも珍しくない近年。 例えば、ディノ・アンディーノと息子のコロ...
親子でサーフィンをシェア!ダニー・フラーが3歳の娘とタンデムサーフィン
スポーツでありながら、カルチャーやライフスタイルといった側面の強いサーフィン。ワールドツアーサーファーであっても、仕事であるコンテス...
世界で最もキュートなサーフセッション:コリー・ロペス
サーフィンの世界も徐々に歴史を重ね、二世サーファーなども活躍するようになってきました。以前に紹介した過去記事では、クリス・ワードの娘が、トレ...

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)