via Surfline

ビッグスウェルがオアフ島ノースショアにヒットしている事から、パイプマスターズがレイデイとなった12月13日。

ビッグスウェルに加えてオンショアも強まった影響で、ノースショアでのサーフィンは厳しいと思われたものの、夕方辺りからコンディションに変化が。

今回の動画は、現地時間(ハワイ)の水曜日に撮影されたオアフ島ノースショアのワイメアでの映像をお届けします。


スポンサーリンク


ピアヒ・チャレンジで2度の優勝経験を持つマウイ島出身ビッグウェイブサーファーのビリー・ケンパーによると、水曜日の様子は以下の通り。

朝はウエストサイドに移動して、4~5フィートほどのヤバいスラブを当てたんだ。その後、長いボードで軽いイブニングセッションをしようと思って、ノースショアに戻ってきた。

すると、思っていたよりも良かったんだよね。東風が北風の影響を少し弱めてくれていて。実際のところ、ここ数年のワイメアセッションの中でも、かなりファンな方だった。

お化けセットは入るし、サーファーの数が少なくてラインナップはメローだからドロップインされまくることもなかったし。最高に楽しめたね。

動画に登場しているサーファーはライディング順に、ネイザン・フローレンス、ジョンジョン・フローレンス、ビリー・ケンパーとなります。

それにしても、タイトルレースの渦中にいるジョンジョンがビッグウェイブサーフィンしているとは…。

---------

参照記事:「Wednesday at Waimea: Nate + John John Florence and Billy Kemper

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

おすすめの記事