• テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日

今年で21周年を迎えたオーストラリアのバーレーヘッズで開催されるシングルフィンフェスティバル。

毎年1月に開催される同イベントが終わると、オーストラリアのコンテストシーズンがヒートアップしていく目安といった印象がありますね。

今回の動画は、先週末に開催されたシングルフィンフェスティバルのハイライト動画をお届けします。


スポンサーリンク



ビラボンがスポンサーと言う事もあり、数多くのビラボンライダーが毎年出場しているシングルフィンフェスティバル。

しかも、イベント自体がシリアスな内容ではないので、普段はコンテストに出場しないフリーサーファーも参加するというレアな機会です。

そのため、今年から新設させたウイメンズ部門を見ると、ビッグウェイブサーファーのフェリシティ・パーマティア、2015年ワールドジュニアチャンピオンのイザベラ・ニコルス、オルタナティブ系サーファーのパチャ・ライトなど、普通ではありえない組み合わせのヒートが実現。

メンズの顔ぶれも言うまでもなく豪華で、タジ・バロウ、マーク”オッキー”オクルーポ、クリード・マクタガート、ディーン”ディンゴ”モリソン、ジェイ”ボトル”トンプソンなどが参加。

今年は波が極小サイズでの開催となったのですが、6,000人以上のギャラリーが集まり、サーファーやギャラリー共に大いに盛り上がったそうです。

そんなシングルフィンフェスティバルのハイライト動画をチェックして見て下さい。

*イベント結果

・オープン部門
1st Taj Burrow
2nd Mitch Crews
3rd Jack Lewis
4th Tim McDonald
5th Brent Dorrington
6th Adam Klink

・ウイメンズ部門
1st Felicity Palmateer
2nd Isobel Nichols
3rd Pacha Light
4th Pipi Bunker
5th Liliana Bowry
6th Lucy Callister

・ジュニア部門
1st Maddy Job
2nd Will Carter
3rd Kai Dobbin
4th Dakota Walters
5th Byron Massie
6th Josh Cameron-McDonald

イベントの関連記事
  • 2015/2016年シーズン「タイタンズ・オブ・マーヴェリックス」の結果
  • カーバースケートボードによるサーフライクなスケートコンテスト動画@ベンチュラ
  • リサvsソフィアによるウイメンズ初のヘリテージ・シリーズ@トレッスルズ
  • ジョエル・チューダーの2016年ダクト・テープ&会場までのロードトリップ
  • 波は10フィート!過去最高に過酷となった初開催SUPイベント「Red Bull Heavy Water」
  • サーファーポール ワーストワイプアウト
    2015年度サーファーポールのワーストワイプアウト部門オンライン投票がスタート

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事