• ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日

サーフィン撮影の中でも迫力のある写真が撮影可能となるウォーターショット。

最近ではGoProで手軽に撮影できる事から、ウォーターショットの奥深さにハマっていく方も多いのではないでしょうか。

今回の動画は、サーフィンフォトグラファーが教えてくれるウォーターショットにおけるシンプルなコツ×5の映像をお届けします。


スポンサーリンク



今回、ウォーターショットのコツを教えてくれるのは、ゴールドコーストを拠点とするサーフフォトグラファーのディラン・ブレイショウ。

内容としては、基本的なものに始まり、撮影の幅を広げる撮影手法などと様々。5つのシンプルなコツは以下の通りとなります。

1. 水はけを良くするためにレンズポートにロウソクを塗る

2. ドームポートを使ったスプリットショット撮影

3. シャープな写真撮影のためのセッティング(数値は動画内に記載されています)

4. GoProでのマウスマウント撮影以外の使用にも支障をきたさないためのフロートアレンジ

5. 敢えて水滴をレンズポートに残してボケ味の演出

私もGoProのマウスマウント撮影はするのですが、フロートを大胆にカットするのには驚かされました。シンプルなのは良いですが、しっかりとGoProが浮上するだけの浮力を考慮する必要があると思います。

ちなみに、ドームポート撮影などはGoProでも可能なので、興味のある方は撮影の幅を広げる意味でも試してみてはいかがでしょうか。

----------

テクニックの関連記事
  • マジシャンサーファーによるオフザリップ・キックフリップのメイク映像
  • ジョシュ・カーが解説するアーリーウープのメイク方法
  • バックリフリップ×2とトゥイークのスローモーション映像:ジョンジョン・フローレンス
  • 【テクニック】カリッサ・ムーアのFS(フロントサイド)パワーカーヴ
  • どこまでも潜り続けるダックダイブ(ドルフィンスルー)のやり方:ジョンジョン・フローレンス
  • 波に乗り遅れないよう爆発力のあるパドルパワーを生み出すテクニック

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事