via vimeo

シーズン中のオアフ島(ハワイ)ノースショアのパイプラインでは欠かせない存在のカイマナ・ヘンリー「Kaimana Henry」(39歳)。

屈強な風貌はまさにハードコアなハワイアンローカルサーファーそのものですね。

今回の動画は、カイマナ・ヘンリーによる2017~2018年シーズンのパイプラインでのフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク


見た目に加え、パワーサーフィンにバレルライドとトラディッショナルなハワイアンサーファーのカイマナ。

コンテストシーンでカイマナの名前を聞くとすれば、パイプライン/バックドアを舞台にしたバックドアシュートアウトではないでしょうか。

ここ数年はハワイやタヒチで開催されているWSLのQSイベントに参加と、お気に入りスポットでのコンテストならではの貸切サーフィンを楽しんでいるようです。

そんなカイマナによる今回の動画のタイトルは「278D」。アメリカで「911(緊急連絡番号)」に電話した際、パイプラインの位置情報を伝えるための文字列だそうです。

シーズン中になるとサーフィン中の事故が発生するパイプラインなので、万が一の事態に備えて覚えているのでしょうが…。

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

おすすめの記事