Photo: World Dog Surfing Championship

今ではさほど珍しくないサーフィンをする動物。

色んな動物による波乗り映像がありますが、その先駆けとなったのはサーフィンドッグですね。

今回の動画は、サーフィンドッグによるコンテストの映像をお届けします。


スポンサーリンク


近年では精神的な病を患っている患者のサポートとして、一緒にサーフィンすることでメンタルヘルス改善にも一役買っているサーフィンドッグ。

多方面で活躍するようになったサーフィンドッグですが、サーフィンドッグが主役となるコンテストもあります。

そのコンテストこそが「World Dog Surfing Championship」で、8月最初の週末に開催された今年の同イベントはすでに3年目とのこと。

3周年となる今年の開催地は、北カリフォルニアのサンフランシスコから程近いパシフィカで、50名ほどのサーフィンドッグが参加したそうです。

Photo: World Dog Surfing Championship

多くの参加犬を集めるイベントであることから部門も細分化され、「大型犬」、「中型犬」、「小型犬」などといった部門に加え、タンデム(二人乗り)部門では「犬×犬」や「犬×人間」など様々。

気になるのはジャッジ基準で、「ライディング距離」、「波のサイズ」、「ボード上での安定感」がポイントとなり、もしも何らかのトリックを入れたらボーナスとなるそうです。

コンテストではありながら、とてもほのぼのとしてしまうサーフィンドッグイベント。動画をチェックして見て下さい。

-----

公式サイト「World Dog Surfing Championship

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事