2001年にリリースされたテイラー・スティール作品「Momentum: Under the Influence」。

当時のサーフムービーでは誰がラストパートを飾るのかが重要視され、同作品のトリを飾ったのが故アンディ・アイアンズでした。

今回の動画は、「Momentum: Under the Influence」のアンディ・アイアンズのボーナスセクション映像をお届けします。


スポンサーリンク


テイラー・スティールはご存知の通り、ケリー・スレーター、ロブ・マチャド、シェーン・ドリアンといったモーメンタム(Momentum)世代のフィルマー。

モーメンタムという言葉は、テイラーによる1992年の作品名です。そして今回フィーチャーしている「Momentum: Under the Influence」は、モーメンタムリリースから9年後の作品。

タイトル通り、モーメンタムの影響を受けて育ったサーファーを指し、当時のアンダー23をフィーチャーした作品でした。

同作品には、タジ、ラスタ、ミック、パーコ、ホブグッド兄弟、アイアンズ兄弟など後に時代を彩る若手サーファーが出演し、そのトリを飾ったのがリリース年に23歳であったアンディ。

おそらく当時はスポーツマネジメント会社によるマスコミ対応などもサーフィン界ではなかったと思うので、自由奔放で個性が光る時代でした。

そんな時代にリリースされたアンディの同作品用に撮影された動画で、メインには使用されなかった映像がボーナスセクションとなった今回の動画。

いわゆるBグレードと言われる動画なのですが、今でも同作品をスマホに入れて見ている私の感想としては、メインと変わらないレベルのライディングと思えるほどです。

アンディ・アイアンズの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

おすすめの記事