via WSL's twitter

2018年12月5日(ハワイ)時点において、ヒュージスウェルがヒットしているオアフ島ノースショア。

エディイベント開催には至らなかったものの、海や陸地の両方でイベント満載とサーフシーンにおいてビッグモーメントを迎えています。

今回の記事は、イベント尽くしとなっているハワイのオアフ島におけるサーフィン関連スケジュールを紹介します。


スポンサーリンク


現地時間の12月6日、日本時間の明日12月7日はライブ中継を行うビッグイベントが二つあります。

ワールドカップ

トリプルクラウン第2戦(全3戦)にしてQSイベント最終戦となるサンセットビーチを舞台にした「Vans World Cup of Surfing」。

すでにイベント最終日を待つばかりとなったワールドカップは本日の開催を期待されていましたが、波のサイズが大きすぎるためにオフ。

明日6日はウェイティングピリオド最終日であることから開催される予定となっていて、波予報は最大セットがフェイスで25フィートのビッグコンディション。

開催可能なコンディションでオンとなれば、相当見応えのあるイベントとなるので見逃せません。

明日のファーストコールは現地時間の6日午前7時半。日本時間は7日午前2時半なのでゆっくり寝ている場合じゃないですね。

ライブ中継は公式サイトから観戦可能となります。

-----

公式サイト「Vans World Cup

サーファーアワード

現地時間の明日6日は、午前からワールドカップ開催予定に加え、夜にはサーファー誌によるビッグイベント「サーファーアワード」が開催となります。

サーファーアワードはYoutubeでライブ中継を行う予定となっていて、ライブ中継開始は現地時間の6日午後8時(日本時間7日午後3時)。

オンライン投票で人気サーファーを選ぶ「サーファーポール」にて、五十嵐カノアがトップ10入りするのかなど、注目のイベントですね。

-----

ライブ中継:「SURFER Awards

パイプマスターズとガンズ・アンド・ローゼズ

現地時間12月6日のビッグデイを終えると、次なるイベントは12月8日からウェイティングピリオドに突入するメンズCTイベント最終戦のパイプマスターズ。

そのパイプマスターズのオープニングデイには、何とホノルルのアロハスタジアムにてレジェンドロックバンドのガンズ・アンド・ローゼズ(Guns N' Roses)がライブを行うとのこと。

このタイミングはたまたまというわけではなく、その証明としてガンズのライブチケット売り上げから1枚に付き1ドルが、アンディ・アイアンズ・ファンデーションに寄付されるそうです。

-----

公式サイト「Pipe Masters

まとめ

サーファーにとっては楽しみ満載と言えるウインターシーズンのハワイ。ハワイにいなくても、ライブ中継から熱気が伝わってきますしね。

何はともあれ、まずは明日のワールドカップ。開催となればかなり面白いヒートが繰り広げられること間違いないでしょう。

日本時間が夜中とキツいのですが、ライブ中継を見るだけの価値があるコンディションになる可能性が十分にありそうです。

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

おすすめの記事