「 ニュース 」一覧

シャークアタック頻発エリアのレユニオン島で13歳のサーファーが被害に

2015年4月12日、アフリカ大陸の東沖合に浮かぶレユニオン島にて、シャークアタックが発生しました。被害者となったのはキッズサーファーのエリ...

記事を読む

ドローンライフガードは水難事故を減らす切り札となるのか!?

もともとは、軍事目的で開発されたと言われるドローン(Drone:無人航空機)。人間が乗り込んで操縦することなく、偵察に飛ばしたり、ミサイルを...

記事を読む

ケリー・スレーター×家具ブランド「PBteen」:コラボ商品のリリース

エイプリルフールのジョークとして引退発表をして、サーフファンを大いに驚かせた11×ワールドチャンピオンのケリー・スレーター「Kelly Sl...

記事を読む

ケリー・スレーターがワールドツアー引退表明?

数時間前、突如としてインスタグラムで表明された11×ワールドチャンピオンであるケリー・スレーターによるワールドツアーからの引退宣言。果たして...

記事を読む

沖合にサメが現れたら情報を伝達する「クレバー・ブイ」

オーストラリアにおいて、生活の一部となっている海。私がオーストラリアで海沿いの田舎町に暮らしている時、早朝からサーフィンに出ると、ビーチには...

記事を読む

クイックプロでのガブリエル・メディナの言動に下されたWSLからの処分

先日のクイックシルバー・プロのラウンド3において、インターフェア(プライオリティを持つサーファーが波に乗る時に邪魔をする行為)を取られた20...

記事を読む

ツアーサーファーが着用するコンテストジャージーの背番号の意味

コンテストのヒートにおいて、選手が着用するコンテストジャージー。ジャージーを着用する理由は、ジャッジが選手の判別をしやすくするた...

記事を読む

NO IMAGE

クイック&ロキシー・プロのコンテスト期間延長が決定

本日は早々にコンテストのレイデイ(Layday:コンテストのオフ日)が発表されたクイックシルバー&ロキシー・プロ。午前9時(日本時間8時)か...

記事を読む

NO IMAGE

残り日数わずかなクイックシルバー&ロキシー・プロをどう終了させるのか?

昨日のウイメンズ同様に、潮が引いてくればコンテストが開催できると思われ、午後まで待機しながらもコンテストを開催できるコンディションとはならな...

記事を読む

ハワイアンウォーターマンにニュージーランド入国の許可は下りるのか?

以前にお伝えしたニュージーランドを舞台に究極のウォーターマンを決める新イベント「The Ultimate Waterman」。今年2015年...

記事を読む

2015年シーズン前のメンタルトレーニング:ケリー・スレーター

2015年2月28日からウェイティングピリオドのスタートするWCTメンズイベント初戦「クイックシルバー・プロ・ゴールドコースト」。ゴールドコ...

記事を読む

NO IMAGE

オーストラリアのトップサーファーたちはどのくらい稼いでいるのだろうか?

サーフィン大国と言われるオーストラリア。サーフィンがスポーツとして確固たる地位にあるということは、サーフィンが世界的に見てメジャースポーツで...

記事を読む

シャークアタックから早12年 妊娠発表したベサニー・ハミルトン

2003年、地元カウアイ島でサーフィン中に発生したシャークアタックで片腕を失ったベサニー・ハミルトン「Bethany Hamilton」(2...

記事を読む

NO IMAGE

日本人サーファーが被害者となったオーストラリアNSW州でのシャークアタック

2015年2月9日午前9:45頃、オーストラリアNSW(ニューサウスウェールズ)州バリナ(Ballina)のシェリービーチ(Shelly B...

記事を読む

サリー・フィッツギボンズのスマホゲームアプリ「Sally Fitzgibbons Surfing」

昨年2014年12月には、自身初となるライフスタイルブック「Live Like Sally」を出版したサリー・フィッツギボンズ「Sally ...

記事を読む

パイプラインのリーフで負傷:レオナルド・フィオラヴァンティ

世界トップサーファーの誰もが口にする「パイプラインは危険」とのセリフ。水深は浅く、複雑な形状となっているリーフの水中映像を見ると...

記事を読む

空から自動追尾撮影してくれる次世代ドローン「HEXO+」

サーフィン撮影の道具として、これまでに自動追尾カメラのソロショットやラジコンヘリを使った空撮が可能となるドローン撮影を紹介してきました。 ...

記事を読む

ガソリンの代替燃料として使われる地球に優しいバイオガス

サーフグッズに次いで、サーファーにとって欠かせないものといえる車。波チェックで移動の足となることはもちろんのこと、車中泊するならば宿へと早変...

記事を読む

中南米からウイメンズサーフィン界に大きな波を起こす可能性を秘めたサーフィンアカデミー

2014年シーズン、WCTで初のブラジリアンワールドチャンピオンとして、南米のサーフシーンに希望の光を与えたガブリエル・メディナ(21歳)。...

記事を読む

脾臓を破裂させるほどパワフルなハワイアンウォーター:トリー・メイスター

パワフル過ぎる波がブレイクするシーズン中のハワイ。バレルのリップがボトムに叩きつけた後に飛び上がるホワイトウォーターを見ると、恐ろしさを感じ...

記事を読む