現地時間11月15日(ハワイ)、WQSプライムイベントのトリプルクラウン初戦「リーフ・ハワイアン・プロ」がハレイワで開催され、ダスティ・ペインの優勝で幕を閉じました。公式サイトによる波のサイズは、6フィート。

2014年度トリプルクラウン第一戦リーフ・ハワイアン・プロ:初日ハイライト

2014年度トリプルクラウン第一戦リーフ・ハワイアン・プロ:二日目ハイライト

2014年度トリプルクラウン第一戦リーフ・ハワイアン・プロ:三日目ハイライト


スポンサーリンク

モンスターサイズの波で幕開けした同イベントでは、前半戦はビッグカーヴィングが主体のライディング、後半戦になるとサイズを落とし、エアーを交えたライディングが主体となり、オールラウンドなスキルが求められるイベントとなりました。

ファイナル進出を果たしのは、ダスティ、ジュリアン・ウィルソン、ジェレミー・フローレス、アダム・メリングの4名。ダスティ以外はワールドツアーサーファーという顔ぶれです。

ファイナルまでの展開を見ると、風向きがオンショアだったこともあり(エアリアルサーファーにとって、空中でボードの裏から吹き付けるオンショアは、足からボードが離れにくくなるので有利だそう)、面白いくらいにエアーをメイクしまくり好調だったジュリアンに分があるように見えました。

ファイナル中盤でも、実際にジュリアンは9ポイント台を二本揃えて、誰もがジュリアンの優勝を疑わなかったはず。しかし、ハワイアンの意地をみせたダスティ。誰よりもパワフルなカーヴィングでジュリアンのスコアを抜き、トータルでほぼパーフェクトに近い19.64ポイントをマークして優勝しました。

先日、ジュリアンとダスティのフリーサーフ動画を紹介し、世界最高峰のサーフィンを見せる二人がコンテストでは実力にそぐわぬ結果を出していると記事にしていただけに、この二人がトリプルクラウンという大舞台でワンツーフィニッシュを飾るとは思いもしませんでした。

今回の優勝により、WQSランク97位のダスティは20位台へと大きくランクアップします。トリプルクラウン第二戦の結果によっては、ワールドツアーへの復帰も十分射程圏内となりますね。プライムイベント優勝のポイントは強烈です。

今回のコンテスト結果後のWQSランキングレースについては、後ほど記事にするので楽しみにして下さい。また、サンセットで開催されるトリプルクラウン第二戦「バンズ・ワールド・カップ」は、11月24日からウェイティングピリオドがスタートします。

本日のコンテスト結果

Final:
1st: Dusty Payne (HAW) 19.64pts - $40,000 - 6,500 ratings points
2nd: Julian Wilson (AUS) 18.74pts - $20,000 - 5,200 ratings points
3rd: Jeremy Flores (FRA) 14.97pts - $12,000 - 4,450 ratings points
4th: Adam Melling (AUS) 11.33pts - $10,000 - 4,000 ratings points

Semifinal:
Heat 1: Julian Wilson (AUS) 17.43pts ; Dusty Payne (HAW) 16.36pts ; Raoni Monteiro (BRA) 14.73pts ; Brett Simpson (USA) 14.50pts

Heat 2: Adam Melling (AUS) 17.40pts ; Jeremy Flores (FRA) 15.00pts ; Frederico Morais (PRT) 14.70pts ; Torrey Meister (HAW) 14.67pts

Quarterfinal:
Heat 1: Julian Wilson (AUS) 17.67pts ; Dusty Payne (HAW) 15.50pts ; Jordy Smith (ZAF) 12.80pts ; Mick Fanning (AUS) 10.74pts

Heat 2: Raoni Monteiro (BRA) 15.60pts ; Brett Simpson (USA) 13.40pts ; Bede Durbidge (AUS) 13.07pts ; Joel Centeio (HAW) 12.83pts

Heat 3: Torrey Meister (HAW) 15.87pts ; Jeremy Flores (FRA) 15.57pts ; Wade Carmichael (AUS) 15.10pts ; Travis Logie (ZAF) 12.83pts

Heat 4: Adam Melling (AUS) 17.20pts ; Frederico Morais (PRT) 14.80pts ; Matt Wilkinson (AUS) 14.77pts ; Michel Bourez (PYF) 10.20pts

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

おすすめの記事