スタブ誌による大人気のミステリーボード企画となっている「Stab in the Dark(SITD)」。

テストライダーとなる一人のトップサーファーが誰がシェイプしたのか分からないサーフボードに乗り、ベストボードを決めると言う内容です。

同企画のスピンオフとなるのが、トップサーファーによるオルタナ系ボードのテストライドとなる「The Electric Acid Surfboard Test(EAST)」。

この2つの企画のさらにスピンオフとなる最高に興味深い新企画が行われることに。

今回の動画は、ハリソン・ローチ「Harrison Roach」(31歳)をフィーチャーした企画「The Mysterious Affair」をお届けします。


スポンサーリンク


オルタナ系ライダーのスタイルマスターとして知られるハリソン・ローチ。

普段はログ、ミッドレングス、フィッシュ、ツインなど幅広いサーフボードを乗り分けているフリーサーファーです。

そんなハリソンが、普段は乗ることのないモダンハイパフォーマンスボードに乗ったらどうなるのかを試して見る今回の企画。

これまでの企画は、ハイパフォーマンスサーフィンをするトップサーファーをテストライダーに据えていたので、個人的にはとんでもなく面白い企画だと感じました。

使用するハイパフォーマンスボードのブランドとモデルは以下の通り。

*パイゼルサーフボード:Shadow

*JSインダストリーズ:Raging Bull

*ロストサーフボード:Driver 2.0

JSだけオッキーモデルと言う事で、ゴリゴリのハイパフォーマンスモデルではないように感じるのは私だけでしょうか…。

何はともあれ、普段乗っているサーフボードで最もハイパフォーマンスに近いモデルがモダンフィッシュだと言うハリソン。

そんなハリソンがハイパフォーマンスに乗ってみたら、どのようなパフォーマンスを見せるのかチェックして見て下さい。

おそらく良い意味で誰もが驚く結果になっていると思います。

ミステリーボード企画の過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事