北半球が冬になると、世界中のトップサーファーが一同に会するオアフ島ノースショア。美しいまでのビッグウェイブが押し寄せ、サーファーやギャラリーを魅了しますが、その反面、とんでもない危険が潜んでいることも事実です。

そこで今回の動画は、ノースショアの安全を守るライフガードをフィーチャーした映像をお届けします。フィーチャーされたライフガードは、パイプラインで任務にあたっているイアン・フォレスターとロバート・ドアー。

現場はパイプラインと言うイアンですが、基本的にはジェットスキーを使い、ノースショアであればどこにでも駆けつけるようです。ロバートによると、ビッグウェイブが押し寄せる時期は、9月から5月までとのこと。シーズン中であれば、波のサイズアップは予測不能で、数時間で穏やかなビーチがカオスに変わることもしばしば。

今では一般的なレスキュー方法であるジェットスキーを使ってのレスキューが生まれたのはオアフ島とのこと。ただ、ジェットスキーも万能ではなく、あくまでもエンジンありきのマシンなので、エンジンが使い物にならなくなれば、レスキューチームも危険なビッグウェイブの中を泳ぐことに。

2:27~からパイプラインのボトムのリーフ形状が映し出されますが、浅い上に、入り組んだ形をしていて非常に危険です。リーシュコードが引っ掛かったという話も耳にすることがありますが、この形なら納得ですね。

パイプラインで最も多い怪我は、ボトムのリーフによるものだそうです。頭を打ったり、肩の脱臼、足首の骨折、リーフによる大きな切り傷など様々。

海の状況は安定しているわけではないので、数週間レスキューする事案がない時もあれば、突如として30分おきにレスキュー要請を受けることもある気が抜けない仕事とのこと。

人命にも関わる仕事でありますが、彼らはライフガードという仕事が好きで、人助けをする事で喜びを感じるのだそうです。

最後には、どんなに上手いサーファーであっても初めてサーフするなら、ライフガードの所まで来てくれとのこと。これって、とても有難いですね。ただ、私のような一般サーファーなら、パイプラインでサーフする事はないですが・・・。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事