西オーストラリアのマーガレットリバーをホームとするジェイコブ・ウィルコックス「Jacob Willcox」(23歳)。

リップカールの秘蔵っ子といったサーファーで、リップカールがタイトルスポンサーのCTイベントやホームであるマーギーズプロには多々ワイルドカード出場の経験があります。

昨年2019年のベルズビーチでのCTイベントではジュリアン・ウィルソンやコロヘ・アンディーノを破って5位になっているほどの実力の持ち主。

今回の動画は、ジェイコブ・ウィルコックスによるホームで過ごしたコロナ禍のフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク


CTイベントのような波が良い会場では強さを見せるものの、QSイベントではなかなか結果を出せないジェイコブ。

昨年はQSランク19位と惜しいところまで行きましたが、残念ながらクオリファイは逃しています。

そんなジェイコブによる今回の動画公開に当たってのコメントは以下の通り。

クソ波やターンとエアーだけの波でのサーフィンを求めてないんだ。でも、QSに出場する限りは避けされないんだけど。

今年は最高に恵まれた年だったよ。だって、自分がやりたいことだけに専念できる時間が生まれたんだから。

僕がやりたかったことは、できるだけ多くのバレルをゲットする事だった。

ということで、動画は西オーストラリアのヘビーウォーターでブレイクするバレルがメインの内容となっています。

西オーストラリア出身のサーファーは、ジェイコブと同じく若手のジャック・ロビンソンなんかもそうですが、ビッグバレルに強いですね。

ジャックなんかも、西オーストラリアで育ったからパイプラインやチョープーも問題ないとコメントしていた事がある通り、やはり環境は大きいです。

逆に、東海岸のゴールドコーストの若手サーファーはビッグバレルは苦手と口にするサーファーもいるので、同じオーストラリア出身でも波質が別物ということが分かります。

ジェイコブ・ウィルコックスの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事