現地時間8月15日(タヒチ)、2015年度メンズWCT第七戦「ビラボン・プロ・タヒチ(Billabong Pro Tahiti)」のラウンド1ヒート8まで開催されました。波のサイズは、セットでダブルオーバーヘッドほど。

2015年度メンズWCT第七戦「ビラボン・プロ・タヒチ」予告編


スポンサーリンク

ウェイティングピリオド初日の昨日からサイズアップしたものの、グチャグチャなコンディションの本日。ごくまれにバレルになるセットが入る程度で、ロースコア続出となったため、ラウンド1の全ヒートを終了させずに中断となりました。

まずは、今イベントのサーファー情報。今回は、ジョーディ・スミスとマット・バンティングが欠場。ジョーディは、マーガレットリバーでのツアー第三戦時の怪我を引きずってのこと。マットは、Jベイ・オープン前に負ったエアー着地時の怪我が、まだ完治していないそうです。

今回から復帰したのは、ジョンジョン・フローレンスとジェレミー・フローレス。ジョンジョンはブラジルでのイベント後、フリーサーフ中の怪我からの復活。

ジェレミーは、ブラジル後のサーフトリップで頭をリーフにヒットした怪我からの復帰。ただし、リーフヒットした後、ジェレミーは記憶喪失になったので、医師からは脳への損傷はないとの事ですが、大事を取り、ヘルメットを持参しての参加です。

ヒートに話を戻すと、本日のシングルハイエストスコアは、ジュリアン・ウィルソンによる8.33ポイント。ちなみに、アリッツ・アランブルは8.17ポイントを出し、8ポイント台のスコアとなったのはこの二本だけです。

トータルハイエストスコアは、酷いコンディションの中でも波を見極め、7ポイント台を二本揃えたケリー・スレーターによる15.10ポイント。ちなみにケリー、12時間前にあたる前夜、ギリギリでタヒチ入りしたそうです。ウォームアップもできないタイト過ぎるスケジュールですね・・・。

今後の波予報ですが、今回は昨年ほど期待はできません。本日のスウェルは、徐々にサイズダウン傾向。明日午前までは、何とかセットでダブルオーバーヘッドくらい残り、コンディションも改善されそうとの予報なので、開催されると思います。

明後日からは、頭前後のスモールコンディションとの予報が数日続きます。そして、ウェイティングピリオド終了直前の24~25日には、ビッグスウェルとは言えないまでも、コンテストには十分なスウェルが入る可能性があるとのこと。

イベントのライブ中継や詳細については、下記リンク先の公式サイトからチェックして見て下さい。

公式サイト「Billabong Pro Tahiti

本日の結果

・ラウンド1
Heat 1: Kelly Slater (USA) 15.10, Jadson Andre (BRA) 8.23, Brett Simpson (USA) 4.70
Heat 2: Owen Wright (AUS) 11.67, Adrian Buchan (AUS) 11.50, C.J. Hobgood (USA) 9.67
Heat 3: Aritz Aranburu (ESP) 13.10, Keanu Asing (HAW) 7.16, Filipe Toledo (BRA) 5.37
Heat 4: Julian Wilson (AUS) 10.66, Sebastian Zietz (HAW) 9.00, Garrett Parkes (AUS) 1.30
Heat 5: Mick Fanning (AUS) 12.17, Adam Melling (AUS) 6.26, Taumata Puhetini (PYF) 1.33
Heat 6: Bruno Santos (BRA) 8.67, Adriano de Souza (BRA) 5.30, Michel Bourez (PYF) 2.44
Heat 7: Dusty Payne (HAW) 10.00, Nat Young (USA) 5.14, Kai Otton (AUS) 1.30
Heat 8: Joel Parkinson (AUS) 10.83, Taj Burrow (AUS) 4.77, Glenn Hall (IRL) 2.96

ハイライト

8.33ptライド byジュリアン・ウィルソン

8.17ptライド byアリッツ・アランブル

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事