via youtube

未知なるサーフスポットを求め、世界中を旅してまわるリップカールによるサーチトリップ。

そのサーチトリップが珍しく、すでにメジャーエリアとなったナミビアのスケルトンベイをターゲットにした動画を公開。

今回の動画は、6月にサーチトリップとしてスケルトンベイを訪れたリップカールの若手ライダーによるフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク


今回のトリップに参加したのは、ルーク・ハインド「Luke Hynd」(21歳)、ティム・ビッソ「Tim Bisso」(20歳)、ギアロイド・マクデイド「Gearoid McDaid」(23歳)の三名。

今回のトリップでスケルトンベイを経験したルークによると、スケルトンベイの波はパーフェクトウェイブに見えるものの、実際は相当なまでにハードとのこと。

まずはカレント。カレントが尋常ではなくキツイため、ルーク、ティム、ギアロイドの3名も、波に乗ることなく2キロほど流され、一旦海から上がり、ピークに戻ったこともあったそうです。

波自体は、完全にボトムの海水が隆起してスラブ(slab:底ボレするバレル)となるので、インパクトゾーンはほぼ水深ゼロというワイプアウト厳禁なコンディション。

それほどまでに波がホローということで、波のパワーも尋常ではなく、プロサーファーであっても簡単にメイクできる波ではないと言います。

ちなみに、以前にお届けしたスケルトンベイの過去記事で触れましたが、今回のトリップでティムは肩を脱臼しています。

その時の状況については、ティムは以下のようにコメント。

パドルアウトして最初に入った波に乗ろうとしたんだ。ちょうどフィルマーの正面にいたから、カレントに流される前に波に乗らなきゃって思ってね。

でも、あまりにレイトなポジションで、サンドボトムに叩き付けられて、右肩を脱臼しちゃった。

スケルトンベイにおけるスーパーロングバレルのGoPro映像を見る機会が現在は増えていますが、大抵は決まったサーファーによる動画。つまり、それだけ簡単ではない波と言うことですね。

----------

参照記事:「Freight Train

今季スケルトンベイの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

おすすめの記事