via Christy Davis's instagram

ビッグウェイブスポットとして世界的に有名な北カリフォルニアに位置するマーヴェリックス。

そのマーヴェリックスで20年以上サーフィンしているベテランのクリスティ・デイヴィス「Christy Davis」(66歳)が、サーフ中に突如として心筋梗塞に襲われることに。

今回の記事は、クリスティ・デイヴィスが自身のSNSで綴った実際のサバイバルストーリーを紹介します。


スポンサーリンク


事故が起きたのは3月11日のマーヴェリックスでのこと。事故翌日にクリスティが投稿したSNSは以下となります。

View this post on Instagram

It's Good To Be Alive! I was having a great session out at Mavericks yesterday with my good friend and cinematographer Grant Thompson filming from Curt Myers' jet ski when I started to get serious pain on the left side of my chest. It felt like compression from both the front and the back right where the canisters of my flotation vest are located. When numbness started creeping down my left arm I became worried and asked if someone would paddle in with me as Curt had just left with his jet ski. August volunteered and we started in and the pain kept getting worse and worse. August started towing me with his leash then Frank, Alex, Manny, Hide and everyone that caught a wave and cut out in the channel joined our little flotilla to make sure I was okay. I ended up paddling most of the way in, I just put my head down and kept paddling and breathing. August was giving me guidance like You are getting too close to the reef or There's a wave coming! We made it around Mushroom Rock and August and others helped me by pushing me from behind periodically. When we got to the beach, Manny and some of the guys shared carrying my board back for me and when we got back to the truck I changed and Manny drove me home while Grant Thompson followed to take Manny back to the parking lot. When I got back to the house we called 911 and they immediately identified it as a serious situation and took me to the hospital pronto, lights and sirens and the works. They took me straight into surgery and put a stent in my heart, my LAD was 100 percent blocked. The doctors say it was a serious heart attack and that if I was not in such good shape, I most likely would have died. Anyway, with my LAD unblocked my heart should have at least 20% more ability to process blood, so hopefully I will be back in the water and my old self again in the next couple of months, although realistically I am not out of the woods yet, we have to determine how much damage may have occurred to the heart. I want to thank everyone that stuck by me and made sure I made it safely back to land and back to the the parking lot. I guess I have the dubious honor of being the first person to have a heart attack at Mavericks!

Christy Davisさん(@christysurfs)がシェアした投稿 -

生きてて良かった!昨日はマーヴェリックスで仲間たちと最高のセッションを楽しんでいたんだけど、突然、胸の左側が前後から締め付けられるような激しい痛みを感じ始めたんだ。

次第に左腕が痺れ出して不安になったから、サーフ仲間に声を掛けて海から上がるのに同行してもらう事にした。

オーガストと一緒にビーチに戻ろうとしていて、痛みがじわじわと激しくなってきてオーガストのリーシュコードに掴まらせてもらうほどになったけど、波に乗り終えた仲間たちが心配して同行してくれたから大丈夫って思ってた。

みんなの助けを借りて何とかビーチまで辿り着き、マニーに車を運転してもらって家に帰宅して緊急通報の「911」に電話して事情を説明すると、すぐに深刻な状況と判断されて救急車で病院に搬送されたんだ。

病院では即座に手術となり、心臓にはステントが挿入され、左前下行枝は完全に閉塞した状態だったみたい。

医師によるとかなりの重症だったようで、私のようにサーフィンができるほどの健康体じゃない場合、命を落としていて不思議ではないレベルだったって告げられたよ。

何にせよ、マーヴェリックスで力を貸してくれたみんなには本当に感謝。マーヴェリックスで心筋梗塞を患った初サーファーとなったのは、名誉なのか不名誉なのか良く分からないけど。

上記投稿後もさらにクリスティは投稿を続け、病院で24時間滞在後に早くも帰宅が認められたとか。

心臓の調子は戻ったし損傷は最小限で済んだから、来シーズンは再びマーヴェリックスでサーフィンを再開できるはず。

今後、治療やリハビリは続くだろうけど、本当にラッキーだったし安心したよ。

さて、66歳になってもマーヴェリックスでサーフィンしているという事実はただただリスペクトの気持ちしかありません。

そんなクリスティはマーヴェリックでチャージできるほど体力があったことから病気にも打ち勝ち、さらには来季もマーヴェリックスを狙うという心意気は熱いですね。

レジェンドサーファーとして、今後も新たな伝説を刻んでいってもらいたいです。

-----

参照記事:「Surfer Survives Heart Attack at Maverick’s

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

おすすめの記事