サーフィンの陸トレとしては定番となっているサーフスケート。

リーディングカンパニーはカーバースケートボードで、体重をかけるとフロントトラックが左右に動くことで、サーフィンに似た動きが可能と言うスケートです。

サーフスケートではカーバーが最も有名なメーカーと言えますが、今回ピックアップしたのはスウェルテック。

今回の動画は、スウェルテックからリリースされているジェイミー・オブライエン「Jamie O'Brien」(36歳)のサーフスケートモデル映像をお届けします。


スポンサーリンク


カーバー以外からも左右に動くフロントトラックを装着したサーフスケートはいくつかあり、その内の一つのブランドであるのがスウェルテック。

そのスウェルテックのライダーであるジェイミー・オブライエンの2020年シグネチャーモデルが今回の目玉です。

ジェイミーと言うと、15年ほど前に出演していたテイラー・スティール監督作品では、ロデオフリップ、エアリバース、アーリーウープとエアリアルをやりたい放題。

今のジェイミーしか知らない世代であれば、スーパークレイジーなパイプチャージャーとしてのイメージしかないと思いますが、いわゆる当時のハイパフォーマンスサーファーでした。

ハイパフォーマンスにビッグバレルと、ターンがメインとなるサーフスケートのイメージが基本的には薄いジェイミーなので、サーフスケートでシグネチャーモデルがあるというのは新鮮な感じがします。

ただ、ジェイミーはVlogでもスケートシーンはたまに紹介していて、一昔前で言う「スラッシュ」系のムーブがお気に入り。

あれだけエアリアルをしていたのだから、スケートも結構できると思うんですが、ひたすら「スラッシュ」です(笑)。

コロヘの父親であるディノ・アンディーノのスラッシュを彷彿させますね。

そんなジェイミーの意見と共に誕生したシグネチャーモデルをチェックして見てはいかがでしょうか。

-----

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事