今年7月終わり、ついにビッグスウェルがヒットした世界最長レフトバレルで知られるナミビアのスケルトンベイ。

波のサイズは過去5年で最大サイズと言われ、プロサーファーがコンスタントにスケルトンベイを狙うようになったのが5年前なので、これまで撮影されてきたスケルトンベイ史上最大サイズと言えます。

今回の動画は、スケルトンベイへのストライクミッションを成功させたブレット・バーリー「Brett Barley」(29歳)による臨場感あふれるVlog映像をお届けします。


スポンサーリンク


とにかく波を当てるのが難しいと言われているスケルトンベイ。ギリギリまでスウェルチャートをチェックして、確実に当たると思い決行するストライクミッションであっても外す可能性があります。

過去にはケパ・アセロがシーズン中のスケルトンベイに一か月滞在したものの、波が当たらなかったこともあるほどですし。

さて、今回の主役であるブレット。ブレットはMCL(膝内側側副靱帯)を損傷していて、ようやくサーフ復帰したばかりのタイミングでスケルトンベイにスウェルが入るとの予報が。

今年スケルトンベイでサーフするならば唯一のチャンスと悟ったブレットは、すべてのスケジュールを変更してストライクミッションを行うことに。

そして訪れたスケルトンベイでは、過去最大サイズのスウェルがヒットし、クローズアウトする波がブレイクするほどのコンディションと対面。

ベンジ・ブランドやコア・スミスといったスケルトンベイ常連サーファーなどに加え、レジェンドのタジ・バロウまでやって来ていた今回のスーパーセッション。

ブレットは自身最長となる24秒バレルをメイクしたりと、スケールの異なるスケルトンベイでのセッションは必見です。

パート1

パート2

2019年スケルトンベイの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事