カリフォルニア州のベンチュラ郡とサンタバーバラ郡の間に位置するサーフスポット「リンコン」。

カリフォルニアを代表するライトのポイントブレイクで、「Queen of the coast」と言う名で呼ばれたりもしています。

そのリンコンは多くのプロサーファーを輩出していて、ローカルスターであるプロも出場するローカルコンテストがリンコンクラシック。

今回の動画は、2020年リンコンクラシックのハイライト映像をお届けします。


スポンサーリンク


トム・カレン、デーン・レイノルズ、ボビー・マルティネス、コナー・コフィンなどのホームブレイクであるリンコン。

大手サーフボードブランドの一つであるチャネルアイランズのお膝元なので、シェイパーのブリット・メリックも当日は会場入りしていたそうです。

そんな今年のリンコンクラシックが開催されたのは、1月最終週末となった25~26日。

胸~オーバーヘッドというスウェルが押し寄せる最高なコンディションの中、イベントは開催されたとのこと。

プロ部門では、Vlogでもお馴染みとなっているパーカーとコナーのコフィン兄弟が揃ってファイナル進出を決めることに。

そして優勝を飾ったのは、当然と言えば当然ですがCT(チャンピオンシップツアー)サーファーのコナー・コフィン。

コナーは昨年に引き続きの優勝で、トータルでは5度目の優勝とのこと。

優勝賞金については、今年はブッシュファイヤーによる甚大な被害を受けているオーストラリアへ寄付したそうです。

昨年のコナーは、他界したローカルスターのクリス・ブラウンの家族へと優勝賞金を寄付していました。

トッププロへと成長し、そのスキルをローカルコンテストで披露したり、率先して寄付をする姿はキッズにとっては素晴らしいロールモデルとして良い影響を与える事でしょう。

イベントハイライト
https://youtu.be/FJ94coBIMo8

プロ部門ハイライト
https://youtu.be/_OzQjP5Xeg4

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事