13歳の時にホームであるカウアイ島(ハワイ)でシャークアタックに遭い、左腕を失ったべサニー・ハミルトン「Bethany Hamilton」(29歳)。

シャークアタックから1年後にはコンテストサーフィンにも復帰し、ベサニーのストーリーは「ソウル・サーファー」というタイトルで映画化され、世界中へ勇気を与えました。

あの映画で描かれた後のベサニーと言えば、サーファーならばご存じの通り、常にプロサーファーとして進化を遂げていますね。

今回の記事は、べサニー・ハミルトンの実話を映画化した第二弾「Unstoppable(アンストッパブル)」がアメリカで公開スタートということで予告編映像をお届けします。


スポンサーリンク


今回取り上げるアンストッパブル自体は、すでに昨年、ワールドプレミアが行われていたので、劇場公開がいつになるか気になっていたので、ようやくといった感じです。

同作品の製作がスタートしたのは2013年とのこと。当時は「Surfs Like a Girl」というタイトルのショートドキュメンタリーを考えていたそうです。

しかし、製作期間中にベサニーは結婚して息子を授かったり、新たなストーリーが増えていき、気付けば内容が盛りだくさんとなり映画になったそうです。

アメリカでの劇場公開は2019年7月12日からとのこと。オープニングウィークには200以上もの劇場で公開されるそうです。

ソウル・サーファーの時は、日本での公開はアメリカ公開からおよそ1年後とかなりのタイムラグがあったので、日本での公開はまだまだ先になるかもしれません。

今回はベサニーのマウイ島ジョーズでのビッグウェイブチャージ、バリ島でメイクしたエアリバースなども収録されているようなので、是非ともビッグスクリーンで見たい作品の一つではないでしょうか。

参照記事「'Bethany Hamilton: Unstoppable'

-----

ベサニー・ハミルトンの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事